成田団臨と野生の王国

成田団臨と野生の王国

新年は寝正月に限る・・・・と思っていますが、あまり寝ていると背中がいたい・・・・

それで、新年2日目にして撮影に行くことにしました。

近所の神社からはお囃子が聞こえてきて、街中の車は少なく、周りはすっかりお正月モード。

千葉駅に行くと、成田方面の電車は通勤ラッシュ並みで、久しぶりにあんなに混雑している電車に乗りました。

昔はこんな電車の乗って、毎日毎日通学通勤していたんですねえ。

ブラタモリでは新勝寺とその参道を特集していて、国鉄VS京成の成田山詣集客合戦はなかなか面白かったです。

我孫子から成田、佐原から成田、佐倉から成田の3路線の成田線は、もとは新勝寺が敷いた線路だそうで、新勝寺はすごいなあと・・・

宗吾から成田の路面電車の廃線跡も出てきて、また散歩に行きたいなと思いました。

さて、ギュウギュウ詰の電車から開放されて、成田駅で電車を降り、いつもの団臨撮影地へ。

年々本数が少なくなっていく団臨ですが、新勝寺の混み具合はあまり変わらない・・・・

イタチ

185系が通過するのを待っている間、小橋川を覗きます。

ここの河原にはイタチが住んでいて、毎年チョロッと顔を出しますね。

今年もチョロッと顔を出しました。

イタチのせいで、普段は草の中でエサをあさるアオジが、ずっとホオジロと一緒に地上に出ていましたけど。

成田線209系

踏切が鳴ったので、成田線209系で試し撮り。

奥の橋のフェンスが新しくなっていました。

185系

そして185系、毎度の読売旅行のようでした。

団体さんだと、別口で新勝寺に入れるでしょうし、ご飯も予約済のはずなので、食いっはぐれることもないでしょう。

熱気むんむんの新勝寺を楽しんできてください・・・・

次は189系、今年は暖かい正月だったので待つのも楽でした。

オオタカとカラス

次の団臨を待っていると、上で空中バトル。

オオタカがしつこくカラスに追いかけられています。

時々、オオタカがカラスを追い回すこともありましたが、爪をたてることはまずないですね。

オオタカの堪忍袋の緒が切れてカラスに反撃したところを見た人がいますが、オオタカの一撃でカラスは地上に落ちたという事。

まじかでオオタカを見たことがありますが、足は太いし、爪はするどいし、あれでやられたらタダでは済まないでしょう。

189系

オオタカを追いかけていると、すぐに踏切が鳴って189系が通過。

全面幕は団体、通過後、反対側の幕を見ると、普通になっていました。

幕回ししながら走ったかな??

成田駅に戻ると、185系も189系も奥の留置線で休んでしましたね。

こでれ団林の撮影はおしまい。

千葉口はどうするか、まだ思案中です。