キラッと185系南房総満喫号とギラリ485系リゾートエクスプレスゆう・ぐるっと南房総地酒旅

キラッと185系南房総満喫号とギラリ485系リゾートエクスプレスゆう・ぐるっと南房総地酒旅

大河ドラマでは、いよいよ直虎が出てきました、といっても一番最後のシーンだけでしたけど。

今後明らかになると思いますが、小野政次が駿河の今川館から戻ってきたときに連れてきた3人衆は、後々松平方になり小野を井伊谷から追い出す側になります。

それ踏まえて考えると、直親の松平密通の件で、今度こそ井伊をつぶせと言える場面でも小野政次はそう氏真に進言しなかったので、やはり根っからの悪役ではなかったかも。

井伊がそうやってバタバタしている間、虎松は奥山家の家臣に伴われて三河の鳳来寺に身を隠すことになりますが、そのくらいの情報を政次が知らなかったとも思えません。

でも、虎松暗殺は実行されませんでした。

そして、直虎が井伊の惣領になることに対しても、政次と氏真が異議を唱えた形跡がないということです。

そのあたりの詳細に関しては資料があまりないらしく、詳しい事情は分かっていないようでした。

さて、午後は曇りという予報の土曜日でしたが、お昼を過ぎても天気がよさそうだったので、館山方面から戻る電車2本を撮影するため養老鉄橋へ。

最初は上総湊橋梁へ行こうかと思いましたが、時間が早すぎて日のあたり具合がよくない・・・・

それで夕方の養老鉄橋で撮影することに決めました。

185系南房総満喫号

養老川の堤防の上は寒い・・・・

寒いなか、20分待って185系南房総満喫号が通過しました。

E257系新宿さざなみ

さらに20分ほど待てば、ぐるっと南房総号のリゾートエクスプレスゆうが通過する予定でしたが、その前にE257系の新宿さざなみが通過。

さすがにこの時期の5両だったので、ほぼ満席のように見えました。

光の方はというと、段々赤くなってきてきて良い感じ。

485系リゾートエクスプレスゆう・ぐるっと南房総地酒旅

木更津で特急に追い抜かれた485系リゾートエクスプレスゆうは、予定とおりに養老鉄橋を通過。

日没まで30分ほどの余裕がありましたが、車体はギラリと光ってくれました。

このゆうは、房総半島を一周して、南房総の地酒を楽しもうという企画の旅。

パンフレットにはぐるっと南房総、千葉の地酒を楽しむ旅になっていました。

一昨年のちば乃Shu*Kuraの485系版かな???

お座敷で、みなさん良い気分だったでしょう。

夕方の撮影はこれだけ。

川岸は風が強く本当に寒かったので、早々に撤収しました。