12系客車幕張回送

12系客車幕張回送

今年はSLよりも気になることがあって、しかも風邪までこじらせたため、ほとんど家で休養。

金曜日の夜中からずっと大統領就任式を見てましたね。

就任式が始まったとたん、ドルは売りで急降下、そのあと激しく上下して落ち着きました。

就任前 からTPPやNAFTAの見直しについて触れられていたためか、これらの発表があってもさほど値動きしなかったのが印象的です。

相変わらずマスコミ批判を繰り返しているようですが、分かっているようで分かっていないのがトランプ支持層のこと。

調べてみると、田舎者という意味合いのヒルビリーと呼ばれる人々が主な支持層だそうです。

白人労働者階級のことですが、ニューズウィークの記事によると、貧困は伝統、貧困なのは仕事がないためというが、いざ仕事があっても努力せず遅刻と欠勤を繰り返す。

解雇されたら事務所に怒鳴り込むという感じの人々。

トランプさんはこの政権は今までで一番の高IQ政権だと言っていましたが、ヒルビリーの人たちと今回の政権を比較すると、低収入低学歴のヒルビリーが一番嫌う高収入高学歴の人たちが政権を担うわけですね。

このヒルビリーたちがいつ政権を見離すか、それが分かれ道かも。

さて、朝方雪が降っていた金曜日、12系客車が本番を前に幕張に回送されてくるので、それを撮影するためみぞれの中お出かけ・・・・

京成3500形更新車

しばらく霙になったり雨になったりを繰り返していましたが、段々雨へ。

12系が来るまで、お隣を走る京成を撮影したりして時間をつぶします。

今回は天気の悪い日ばかり出かけてる・・・・

でも気温が低いほうが煙が良く見えるし・・・・

E217系

などど考えながらE217系なども撮影。

本当に天気が悪いうえに気温も低くて、寒くて仕方なかったですね。

DE10-1704と12系客車

震えながら待っていると、ようやく煤で真っ黒になったDE10-1704と12系客車がやってきました。

よく考えれば、もう一度回送はあるわけだし、何もこんな寒い日に・・・・

それにしても、よく汚れましたねのDE10-1704。

12系客車幕張回送

冷たい雨と寒々しい空の下、清掃のため12系は幕張へと回送されていきました。

すでに手先は感覚がなくなっていて、もう限界。

早々に帰宅しました。

それにしても、本当にトランプさんが大統領になるとは・・・・

ヒルビリーの事がわかれば、もっとアメリカがわかるかも。

移民政策の事も健康保険のことも、すぐに実行とはいかないでしょうが、少なくとも今後ビザは取りにくくなるでしょうし、大学の留学者枠は少なくなるかもしれません。

Hillbilly Elegy: A Memoir of a Family and Culture in Crisis

ヒルビリーについては、こういう良書が出版されていますから、辞書を片手に読むと面白いと思います。

なんというか、アメリカの繁栄に完全に取り残されてしまった人々がどういう生活をしているのかとか、どうしたらこの生活から抜け出せるのかとか、色々と考えさせられますね。