昨日の団臨今日の団臨

昨日の団臨今日の団臨

昨年の大河ドラマは全然面白くなくて、まったく見ませんでしたが、今年は真田ということで、見ようかなと思ってます。

武田が滅んだ時、徳川は真田を丸ごと欲しかったと思いますが、あの時はまだ徳川が生き残るかどうかわからず。

それで、どっちに転んでも良いように、真田は豊臣方と徳川方に家を分けたんですね。

大河の主人公は信繁ですが、お兄ちゃんも大した人物です。

父弟が徳川を裏切っていても、真田家を残し、明治維新を経て、現在も家系が続いているのはお兄ちゃんのおかげ。

あんなに尽くした豊臣方も、真田をそれほど信用していなかったのか、真田丸は大阪城のお堀の外に独立した形で築かれていたと、最近わかったようですから。

ともかく、臨機応変で優秀な策士の血筋は、今も残されているということでよかったよかった。

さて、ある日突然来なくなる可能性があるかもしれないと、昨日も今日も成田団臨の撮影。

まずは、鹿島貨物から。

EF65-2121

からしが故障で前線離脱している今、いつこの原色も離脱するかわからないので、撮影できる機会があれば撮影。

鹿島貨物は積荷が多くて貨物らしいです。

185系B4B7編成

この日は185系10両編成のみの撮影でした。

今年初めて見かけたオレンジのツートン、このカラーリングは減りましたね。

後ろの4両は緑ストライプでした。

日が変わり、今日は午前中はのんびり・・・・

午後になり、酒々井停車中の257系松本車といろいろツーショットしようと出かけました。

257系松本車と185系B2編成

8両編成の185系B2編成と257系松本車。

この8両編成は団体表示でした。

257系松本車と185系B3編成

6両編成のB3編成は臨時快速表示でした。

この日の千葉口185系はどちらも緑ストライプ。

我孫子口はどうだったんでしょう???

ともかく、酒々井での撮影は終わりにして、千葉に戻ります。

485系ニューなのはな

千葉に戻ると間もなくニューなのはなが外房から戻ってきました。

今日は房総を一周してきたようで、このあと東京方面に走り去りました。

257系松本車臨時

ニューなのはなが去ってしまい、さほど待たずにあの257系松本車が来ました。

表示は臨時、いつものカーブに入線したので後ろが切れましたね。

257系松本車

この編成は、反対側の表示が縦という変則型。

後ろもやっぱり臨時でした。

すっかり暗くなってしまいましたが、身構えて来たほど寒くはなし。

毎度のこと、夕飯の買い物をして帰りました。