D51 498+旧客車・DE10-1752回送

D51 498+旧客車・DE10-1752回送

朝方、暗いうちにD51 498の回送を撮影しようと一度は起きましたが、根性がなくて二度寝・・・

そのころ、外は雨だけで雪の気配はありませんでした。

もう一度起きて外を見ると、やはり雪はなし、大雨です。

ニュースを見ると、西や北は大荒れの大雪で、交通機関は大乱れ。

うらやましいやら、なんやらでもう一度支度をして、木更津へ向かうことにしました。

で、京葉線は遅れ・・・内房線は来ない。

蘇我で結局40分近くも足止めを食らいました。

EF64-1012

蘇我には、単機のEF64-1012が出発を待っていましたが、出発を見るよりも、次にくる内房線のほうが気になって・・・・

EF64-1001

内房線ホームで電車の確認をしているうちに、早朝、D51 498を牽いてきたEF64-1001が行ってしまいました。

まあ、お迎えの時にまた撮影しましょう・・・・・

ということで、遅れに遅れた内房線に乗って木更津へ。

木更津に着くと、すでに千マリへの回送準備が始まっていました。

DE10-1752+D51 498出庫

建屋から試運転担当のDE10-1752がD51 498を牽いてきます。

ものすごく慎重に、ゆっくり出してきました。

D51 498+DE10-1752

中線に停車している旧客車に、D51 498を連結させるため、ゆっくりゆっくり後進・・・・

このとき、一番雨が激しかったですね。

そのせいで、レンズに水滴が着いて、ソフトフォーカスになってしまいました。

連結

連結終了・・・

D51 498は、サンドウィッチ状態で千マリへ運ばれるわけです。

次は、いよいよ千マリへの出発。

出発準備

中線から2番線へ移動。

これも慎重に行っていましたね。

今日は大勢のJR職員さんがホーム上に出ていて、賑わってました。

D51 498回送車木更津出発

千マリへ出発。

DE10-1752、D51 498、旧客車、伴走車の順番で、ゆっくり発車していきました。

回送を見送って、こちらも千葉駅方面へ帰ることにします。

途中、姉ヶ崎でSL回送を追い越しました。

DE10-1752+SL回送

それで、次の駅で降りて、もう一度SL回送を撮影。

突風が吹いて、体が飛ばされそうになりましたが、なんとか撮影。

SL回送を追いかけるように、再び千葉駅へ。

千葉駅でも停車していましたが、すぐに出発したようでした。

黒砂停車はなく、すでに千マリのあの坂に向かっているSL回送を横目に見て、新小岩へ。

江戸川を越えると、そこは雪国・・・・でしたね。

雪の中のチキ

雪が残る中、5971レで運ばれる予定の蘇我工臨のチキが見えました。

さすがに、雪が残っていると足元が寒い・・・・

このあたりを少しうろうろしてから、暖かいコーヒーと遅いお昼を食べるため駅方面へ帰ります。

DE10-1685+ロンチキ

せっかくだから、DE10-1685を撮影しようという事になって、駅のホームで待っていると、返空が遅れたため、このDE10-1685も遅れて通過。

ロンチキを牽いてましたね、行先は上野でした。

夕方にはすっかり晴れて、きれいな夕焼け空。

明日の朝冷えると、残っている雪が凍ってしまい歩くのが怖いです。

今日の長い一日はこれで終了。

木更津、五井で出会った皆さん、ものすごく寒い中お疲れ様でした。

こちらはホッカイロを6枚も貼り付けていったのに、風邪をひきました。

次はもっと貼り付けないとダメかも・・・・・・・