北風ビュービュー・成田山初詣横須賀号撮影顛末

北風ビュービュー・成田山初詣横須賀号撮影顛末

昨夜はみぞれ混じりの雪が降ったものの、路面がぬれた程度で全然白くならず、でも房総の南の方はまた雪が積もったようで、うらやましいのか何だか・・・

降られた現地は、スタッドレスやタイヤチェーンを持っている人も少ないはずなので、朝はたいそう困ったことでしょう。

大多喜の雪景色はいすみ鉄道の社長ブログに載っていました。

さて、こうも毎日撮影に出ていると買い物にもろくに行かず、空の冷蔵庫から魚や肉が出てくるわけもなく、今日は観念して食料の買い出しです。

日差しがあっても外は冷蔵庫状態、車だからといって薄着をしたら寒かった・・・・

買い物から一度家に戻ると、もう外には出かけたくなくなりますが、青い空を見ると、きっと綺麗な夕焼けになるはずなので、横須賀からの成田団臨2本をいつもの花見川鉄橋で撮影することにしました。

堤防の上が寒いことは想像がつきましたが、想像以上の寒さで、しかも強風。

風の音で近づいてくる電車の音がかき消されてしまい、さらに身体も押されてふらつく始末、唯一のすくいは日当たりが良かったことぐらいです。

花見川鉄橋

学校が始まって、なんだか周囲は駐車中の車ばかりだったので、構図を色々変えてみました。

そういえば、今日はセンター試験2日目でしたね。

センター試験日は毎年荒天になるので、受験生が可哀そうです。

3500形

京成の鉄橋とJRの鉄橋の間に立っているので、京成側は完全な逆光。

いつもは水面に車両が映り込みますが、今日は強風のため川が荒れていて何も映りません。

成田団臨の185系通過まで、京成とJRを交互に撮影して待ちます。

185系

千葉駅は定刻に出発したようですが、この鉄橋は少し遅れて通過した185系。

表示は臨時快速、これから横須賀まで帰ります。

夕焼けにはまだ時間が早かったので空が青いままでした。

ギラギラ

そろそろ、太陽がいい感じに傾いてきましたが、肝心の団臨が通過するまで太陽が沈まないでいてくれるかどうかです。

午後4時を過ぎると、千マリから続々と209系が出場。

ものすごくスローな速度で千葉駅に向かっていきました。

8800形

あと少し・・・・

このくらいの明るさがちょうど夕方らしくて好きなんですが、目的の電車はまだ通過せず。

夕焼けも心配でしたが、手足の指先がしびれてきて感覚が無くなってきました。

早く通過して欲しい・・・

485系宴

成田山初詣横須賀号の485系宴は、ほぼ定刻に通過、でも太陽の光はすでに届かずで、地味な感じに写りました。

あと5分早ければばっちり光が届いていたんですけどね。

前回ここで撮影した時のことを思えば、かなり日は長くなってきましたけど、やはりダメでしたね、残念。

宴も撮影したし、指先がしびれて感覚が無くなっていたので、これで引き上げです。

堤防から降りても強風は相変わらず、日が沈んだ分寒くなりました。

3500形

京成の高架の下をくぐると踏み切の音が聞こえたので、ちょっと立ち止まって待っていると、3500形更新車が通過して行きました。

昨日は成田空港ラッピングでしたけどね、今日はタダ3500形更新車でした。

駅に戻り、熱い缶コーヒーを買って電車に乗り込むと、ようやくホットしました。

でも家に戻るまで、手のしびれは治りませんでしたね、ああ寒かった・・・・・・