久々のモノサクでお座敷水郷

久々のモノサクでお座敷水郷

早朝の地震で目が覚めて、揺れてる~と思いながらもそのまま熟睡・・・・

目ざまし時計の音で起きてテレビをつけたら、何だか大変なことになってる???

気になるのは電車のダイヤ、片っ端から遅延や運休の文字がテロップで流れていたので、どうしたもんかいなと思いつつカメラを用意しました。

予定よりも早めに家を出て千葉駅に行くと、窓口は長蛇の列、改札口で内房線と外房線が止まってると大声で電話で話す人もあちこちに。

今日の撮影場所は総武本線だけれども、少しだけ電車は遅れていました。

揺れてた時間も短いし、震度5弱ならさほどでもないと思いましたが、都内のことなので、ニュースでは大騒ぎ。

東日本大震災を経験した後では、あれくらいの揺れでびっくりしなくなりましたね。

さて、どんより空の下、田植えが終わったばかりの田んぼの中を歩きながら、撮影場所を探します。

255系

この辺りで良かろうと何か通過するのを待っていたら、銚子から来た255系しおさいが通過しました。

地震のせいでわかしおも、さざなみも、あわトレインも運休。

今日がお座敷外房運行でなくて良かったと、ほっとしましたね。

リゾートエクスプレスゆう

銚子まで運行されるお座敷水郷が通過。

運休にならなくてよかったです。

通過も予定時刻通りだったので、あっさり撮影は終了しました。

しかし、このまま帰るのももったいないので、久しぶりのモノサクを散歩します。

NEX

9割は田植えが終わっているモノサクですが、機械植えだと所々苗が抜けるので、抜けたところに苗を手植えするため、そこここに軽トラが止まり、農家の人達が作業しています。

いすみなどの南総地域に比べると2週間くらい田植えが遅いので、苗は水面からかろうじて頭を出している状態でしたね。

NEX

ゆるゆると歩いていると、遅れを取り戻すためなのかNEXが頻繁に通過しました。

途中でダイヤ情報を確認すると、この時はまだ内房線も外房線も運休中。

市原から南は震度4だったので、点検に時間がかかっているのでしょう。

いつもの水路まで行って引き返そうとすると、雨がポツポツと降りだしてきました。

これはまずいと、ちょっと早足で物井駅へ。

209系

駅に向かっていると、きれいに田植えされた田んぼの向こうに209系が通過。

209系でも、景色が良ければすべてよし。

次は平日の鹿島貨物を撮影に来たいですね。

今のところ貨物はうやばかりですが、そろそろ通常運用に戻るでしょう。