爆煙を狙ってSLおいでよ銚子号

爆煙を狙ってSLおいでよ銚子号

昨日は煙りなしのC61を撮影したので、今日は絶対に煙り付きを撮影したいと思いました。

煙りを吐く場面なら駅の出発シーン、しかし、ホームだとロングで狙えないので、佐原駅から歩くこと20分強、陸橋と陸橋に挟まれた田んぼへ行くことにしました。

その前に、すでに佐原駅に入線していたC61をちょっとだけ撮影、さすがに日曜日とはいえ佐原は遠いので、内房線の時ほど混雑していません。

向かいのホームから撮影ということはできないため、超広角のレンズを持って行って正解、ちょっと離れて撮影なんてとても無理でした。

DE10

DE10のまわりは比較的人が少なかったけれど、全体を撮影する場合は、かなり無理しないと人が隅っこに入ります。

しかも、黄色のラインからちょっとはみ出ると、警備の人が飛んでくるしで、色々と撮影のタイミングが難しかったです。

C61

出発前のC61、機関車の長さ分だけ人垣が出来ていたという感じ、向かいの駐車場にも段々人が増えてきました。

一通り撮影して、周辺の様子を伺いながら、目的地へ歩きます。

途中の小野川鉄橋はやっぱり人が多い、出発まで一時間以上もあるのに、人と三脚が並んでいました。

小野川近くの踏切を越えた辺りで、香取方面に青い陸橋が見えますが、見えてもまっすぐ行ける道がないので、道なんだかよくわからない所を通って、ようやく陸橋下に出ました。

陸橋上にはすでに人が並び始めていましたが、今日は陸橋をくぐった先が撮影ポイント。

カメラを出してC61の通過を待っていると、段々人が増えてきました。

やがて、遠くにけむりが見えて来て、いよいよC61の登場です。

C61

陸橋が煙りを遮るので、まるでトンネル効果のように、機関車が陸橋を通り過ぎるのと同時に煙りが一気に吹き上がりました。

こりゃ、陸橋の上に立っている人はたまんないわ。

C61

ああ風向きが・・・・・お墓もしっかり見えているし・・・・

でも、煙りバクバクのC61はいいわぁ。

C61

もったいないから振り返って撮影、この時初めて、後ろにも、ものすごい数の人がいることに気が付きました。

この場所に来た時には、数人しかいなかったのに、いつの間に。

陸橋と陸橋の間には、大体百人近くはいたでしょうか。

線路と反対側には広い道路がありますが、ほとんど通行不可になるくらい路駐車で埋まってました。

昨日今日と撮影してみてわかったのは、こういう所で撮影するときの天敵は、日頃写真なんて全然撮影したことがない親子連れと老人。

昨日はDLが見えるのと同時に線路際に走り込んできた親子にどけどけコールがかかったけど、撮影見物以前に、道の真ん中に違法駐車してくるんだから・・・

今日は今日で、老人がどけどけコールも聞こえないふりして線路際に、さすがに非常識極まりないと警備員さんが強制排除してくれました。

普段撮影しない人は、周囲に気を配ることなんてしないからね。