佐原復興とSLおいでよ銚子号

佐原復興とSLおいでよ銚子号

今日は佐原へ、ほんとうは銚子へ行くはずでしたが朝寝坊。

昨日10キロ以上歩いて疲れ果てたのか、ぐっすり眠り込んでしまい、目ざまし時計も無意識にオフ、タイマーで入った暖房も気持ち良くて、全然起きられませんでした。

でも、結局乗った電車は昨日と同じ時刻の成田発銚子行き、今日も混雑していました。

佐原はSLの発車駅なので、混雑することは分かっていましたが、到着した時はまだ時間も早くて、SLグッズを買う人で少し構内がにぎわう程度でした。

今日は、香取方面の陸橋へは歩かず、近くの小野川鉄橋へ。

この小野川鉄橋を望む橋は、車が良く通るので、キャパ的には三脚と人ひとり立って車が通れるぎり、それでも、無理やり人が何重にも立つので、車は通りづらかったでしょう。

DE10

まずはDLおいでよ佐原号から、橋と鉄橋の向きから、ヘッドマークは見えません。

今朝の新聞によると、昨日の佐原銚子間の人出は3万7千人強、意外に少ないですね。

5万人は下らないと思っていたのですが、沿線の人口密度のせいかな??

C61

佐原駅が近いので、じき停車するのですが、人が沢山集まっていたので、ここでちょっとサービスして煙りを出してくれました。

小野川の川幅は、機関車やDE10だけを狙うのには良いかもです。

EF64

すこし間を空けて、鹿島貨物が登場。

石垣、柳の中を通過する鹿島貨物は、なかなか面白いシーンでした。

この後、お茶を買いに一旦佐原駅へ行ってみたのですが、あのDLおいでよ佐原号から降りて来た人で一杯、改札は見えないし、構内は歩けないし、女性用のお手洗いは外まで列を作ってました。

それに、観光客もいつもより多いので、ごった返し状態、売店にも入れずなにも用事を済ませられないので、早々に引き揚げました。

EF64

橋の上でC61を待っている間に、鹿島貨物もやって来ます。

この頃、頻繁に小野川を船が通ったので、水面が荒れて、うまく車両を映してくれません。

それにSLが通過する頃には、鉄橋の下辺りに船が止まるということなので、水面に車両を映すことはあきらめました。

C61

発車したてなので煙りは多め、船が入ることで佐原らしくなりました。

この橋は短くてせまいので、やはり早めに場所を確保しないと撮影は難しいですね。

このSLおいでよ銚子号が通過すると、蜂の子を散らすように人がいなくなりました。

それにしても、後ろからべたっと密着されて撮影したのですが、元歯科助手の身にとっては気になる臭いが・・・・

朝晩の歯磨き後にマウスウォッシュすれば、かなり臭いは無くなりますけどね・・・・

佐原駅

駅へ戻る途中に見えたホームはすごい人、それで、急がずゆっくり佐原駅へ戻り、掛け替えられた駅名表示を撮影、ずっとこのままにしておいて欲しいです。

あちこち家屋が修理中の佐原ですが、夏の八坂神社のお祭りの頃にはきれいに直っているといいですね。

香取駅

表示といえば、香取駅にあるのりかえ案内、思わずクスリとしてしまいます。

これも御愛嬌か洒落ということで、間違える人はいないでしょう。