勝浦ビッグ雛祭り リゾートやまどりで房総半島一周と583系

勝浦ビッグ雛祭り リゾートやまどりで房総半島一周と583系

今日は、リゾートやまどりに乗って、外房線経由で勝浦まで行き、勝浦ビッグ雛祭りを堪能したあと、内房線経由で千葉まで帰るという、房総半島一周の旅を楽しみました。

天気が良かったので、軽装で行こうかなと思いましたが、新聞を取りに出たら外は風が強くて寒かったので、やっぱり真冬の服装。

でも、勝浦は暖かかったです。

初めて千葉に来たリゾートやまどり、車内は座席数が少なくてゆったりとしていました。

展望室が1号車と6号車にあると聞いたので、ちょっと覗いてみましたが、確かに、三面ガラスで明るくて良い感じ、ただし正面は運転席です。

リゾートやまどり

千葉駅から勝浦駅まで1時間2分、早かったですね。

沿線には、あまり鉄撮りの人影もなく、内房線からこの外房線に向かうのは、ちょっと時間的に無理だったのかもしれません。

勝浦駅で回送になったリゾートやまどりを撮影したとき、運転席に置いてあった河童のバッグが目にとまり、今もすごく気になっています。

勝浦

何と言っても、今回の旅の目玉はかつうらビッグひなまつり、何度来ても明るくて楽しいイベントです。

街中に色とりどりのお雛様が飾られて、華やかな雰囲気になり、各地からツアー客が来ていて、どこも賑やかでした。

勝浦では、すでに河津桜が咲き始めていて、これもひなまつりに色を添えています。

勝浦ビッグひなまつり

菜の花も満開、墨名の交差点は毎年なの花とお雛様が綺麗に飾られていますね。

墨名を「とな」と読めるまでに、ずいぶんかかりましたけど・・・

ここで、一旦、ホテル三日月へ行き、バフェスタイルでお昼ごはん。

すごい数の団体客がホテル三日月を利用していたため、ホテルの人達はとても大変そうでした。

バフェは、和洋中、デザートもありで、お腹一杯・・・・

勝浦ビッグひなまつり

腹ごなしも兼ねて、帰りの電車時間まで勝浦の町中を歩きます。

有名な遠見岬神社の階段、階段途中にカッピーが飾られていてちょっと・・・・カッピーは無くても良いかな。

この後、覚翁寺へ行き、武志伊八郎信由こと初代波の伊八作の欄間とお雛様を見学、それから図書館へまわり、中に飾られているお雛様を見学しました。

以前は、図書館にそれは見事な古雛が沢山飾られていたのですが、今年は古雛もなく、全体的に数も少なめでした。

そろそろ時間も無くなって来たので、お土産を買いがてら駅へ戻り、再びリゾートやまどりに乗って内房線経由で帰宅。

内房線では何回もすれ違いのために停車しましたが、勝浦から内房線経由にもかかわらず、約2時間半で千葉駅に着きました。

リゾートやまどり

千葉駅から両国へ向かうリゾートやまどりを見送って、ちょっとコーヒーブレイク。

朝撮影できなかった583系を待つため、隣の外房線ホームへ移動です。

583系

電光のため、幕が白く飛んでいますが、臨時の文字が入っていました。

蛍光灯のせいか、濃い目のカラーになってしまった・・・・

弘前から五井まで、どんなツアーだったのでしょうね???

583系は今日だけでしたが、リゾートやまどりは明日も走ります。