さよなら583系地引網体験号と消えたEF66-24

さよなら583系地引網体験号と消えたEF66-24

昨日降った雨のおかげで、少しだけ夜は涼しくなりましたけど、朝起きたらやっぱり暑い・・・・

どこかで大雨ではなくて、日本全国津々浦々均等に降って欲しいですね。

今日は、昨日の続きのような感じで、色々な列車が京葉線や内房、外房を走りますが、全部は撮影できないので、そろそろ廃車や移動の声が聞こえてきた車両を中心に撮影することにしました。

まずは、朝一京葉線を走る653系マリンブルーですが、何処で撮影するのか考えどころ。

遠出したくもないので、入場券を買って近場の駅のホームに上がり、撮影することにしました。

入場券を買う人なんてめったにいないのか、自販機に入場券の項目がないため、窓口で立派な入場券を買うことになります。

653系

持って行ったレンズがまずかったのか、ずいぶん架線柱近くで目一杯。

この653系は新潟に移管されるので、綺麗な青いカラーも塗り直されてしまうのでしょうか???

183系や185系が廃車になるなら、この653系を残しておいてもよさげなものですけどね。

入場券の有効時間は2時間、でも1時間くらいで退散しました。

家に帰って、今日のEF66をチェックしたら、なんと24番台がやって来るということ。

でも2時間くらい時間が空くので、買い物に行って時間つぶし。

EF66 24

最初は、いつもの偵察撮影地に行こうかと思いましたが、気が乗らずに変更。

それで、今日2回目の入場券でホームに上がることにしました。

レンズを変えたので、架線柱並びは避けられましたけど、何だか変な顔に・・・・

ま、でも、この24番は、夜、蘇我駅で撮影してもよかろうと思い、次の撮影に備えて英気を養うことにしました。

英気を養うといても、単に家でぐったりするだけ。

暑い中、歩きまわると体力の消耗が激しいです。

257系

今日3回目の京葉線で、夕方早く、次の撮影地の養老鉄橋に向かいました。

地引網体験号として運用された583系が南房総から戻ってきます。

ちょうど光が上手く車両の横面に当たって反射してくれればよいなと思っていました。

209系

209系イチゴのラッピング車両には綺麗に夕日が反射してくれたんですけど。

西の空は雲が多くて、583系が通る頃には太陽が雲の向こうに隠れてしまう気配。

東の空も、夏らしい雲が出ていなので、いっそ晴れててくれたらと空を見上げたり・・・・

しかも、養老川には水がない。

583系

悪条件の中で、なんとか583系も撮影できました。

光があたっていないため、色がくすんでしまいましたけど、一応それらしい感じに。

もう午後5時もとっくに過ぎたので、急いで五井駅に戻り、やってきた千葉行きに飛び乗りました。

内房線からは、千葉機関区が良く見えます。

夜、撮影したいなと思っていたEF66-24ですが、いない・・・・・

行きの電車の中からは確かに24番がみえたのに???

ブルサンは遅れて到着したようで、行きにはいなかったのですが、帰りの電車からは見えました。

でも、EF66-24が消えた?????

出発は午後7時50分のはずですけど、一体何処に・・・・・

ということで、楽しみにしていた夜の24番の出発は撮影しませんでした。