気になる車掌さんと赤いコキ

気になる車掌さんと赤いコキ

午前中、曇り天気で陽を浴びなかったせいか身体が起きず、一日全くやる気なし。

買い物だけは済ませて、あとは休養に努めた日曜日でした。

しかし、夕方修学旅行電車が千葉方面に来るので、近い所で撮影しようかといつもの陸橋へ、途中、京成千葉線をちょっと覗きましたが、3000形にしか出会えませんでした。

陸橋の上で定点撮影するだけなので、183系が来るまでじっと待つだけの身、バスやトラックが通ると橋が揺れるので、今だに地震かと思ってドキッとしますね。

ひたすら待っても想定外の車両が通るわけではないので、陸橋から下を見ては、時々シャッターを押してみます。

209系

この時間帯になると、千マリから登場してくる209系、特に変わったところはありませんが、回送で入線するとき、回送表示のままで入るパターンと、内房線や外房線表示で入るパターンがあります。

運転士さんの好みかな???

255系

これはラッピング255系でしたが、この位置からだとラッピングは拝めません。

209系のラッピングはどうしたんでしょうね、5月末にはまだ菜の花もイチゴも走っていましたけど。

これは多分銚子から来た255系でしょう。

183系

予定より、ほんの少しだけ早く通過した183系幕張車。

予定では18時03分千葉駅着でしたが、それより1分ほど早かったです。

この修学旅行団体の183系ですが、車掌さんがずっと身を乗り出して何か見ているんですね。

一体何を見ているのか、全然分かりませんでしたが、成田線ホームへ入る直前まで身を乗り出していました。

ホームに何かあるのか、それとも線路と線路の間に生えている草でも気になったのかな??

この183系は四街道まで生徒さんを運んだあと、佐倉まで行き、そこからUターンして千マリにお帰りです。

最初は頑張ってモノサクまで 行って撮影しようかと思いましたが、四街道まで客走で、その後はおそらく回送幕になるだろうと思い止めました。

もしかしたら修学旅行のままだったのかな???分からないですね。

183系通過の後5分ほど待てば、昨日見かけた貨物がやって来るので、そのまま陸橋の上に立ちんぼうしました。

EF652092

時間ぴったりに、蘇我から貨物が来ました。

今日はEF65の2092番です。

貨物は、他の電車が遅延しても時間通りに通過することが多いですね。

以前、成田線が遅れに遅れていた時も、貨物だけはちゃんと時間通りに通過しました。

それにしても、このEF65はどのくらい荷物を牽いているのかな・・・とずっと観察。

コキ

ずいぶんコキが空のままです。

いつもタンクがのっかっている赤いコキも、空のまま牽かれて行きました。

貨物が通過する頃には辺りは夕焼け、風も強いのでさっさと家路に着きました。

しかし、途中でもう一回京成千葉線に立ち寄ると、今度は3500形の更新車が通過、夕焼けで車体が綺麗に光っていましたね。

今日はこれでおしまい。

本屋の前に座り込んだ猫に相手してもらおうとしましたが、全然懐きませんでした。