115系 青い海号と青い海

115系 青い海号と青い海

昨日に引き続いて、今日も房総を走る115系です。

それにしても、今日の暑さといったら・・・・ゆうに30度超え、身体の水分どころか塩分まで絞りだされる感じでした。

こんな時に頼りになるのがスポーツドリンクですが、あれは飲みすぎるとすごい体重が増えるんですよね。

カロリーが高いのでしょうか?ミネラルウォーターに塩と砂糖を入れて持ち歩いた方が良いのかな?????

しかし、暑さに負けていては、鉄道写真なんぞ撮影できやしない・・・

こんな炎天下の中で、何時間もただ一本の電車が通過するのを待つわけですから、根気と体力勝負ですね。

ひそかに、ダイエットできるのではないかと期待もしていますけど。

今日の青い海号は、まずヘッドマーク狙いで駅撮りでした。

何処の駅で撮影するのかは電車に乗りながら思案、結局行き慣れている駅で待機することに決定です。

115系

白い砂が青い海に変身。

それに、昨日は臨時幕でしたが、今日は団体幕に変わっています。

なんだか、電車もすごい暑そうに見えました。

ここは、右手に民家などが見える場所ですが、車両で余計なものがうまく隠れてくれました。

背後が緑だったので、なんとなく房総っぽい・・・千葉はぐるっと三方を海に囲まれているのに、海近くに線路が敷かれていないのがとても残念です。

115系

後ろもやっぱり青い海。

窓を開けて乗車しているのを見ると、うらやましいです。

これぞ旅って感じですね。

この後、なんやかんやして、結局最後はちゃんと房総らしい海を入れて撮影しようということになりました。

海を入れて撮影できる場所には、上総湊の鉄橋、上総湊近くの山の上、鋸山中腹の公園、保田のマリーナ、那古船形の展望台などがありますが、鉄橋以外はものすごーく歩く所なので、今日はパス。

こんな暑さの中で山登りしたら、熱中症で倒れてしまう・・・・・・

それで、駅で涼んだ後、鉄橋へ向かうことにしました。

209系

船がずらっと並んでいる中、船とどう重ねたら綺麗な構図になるのか試し撮り。

ちょうど漁船が帰港してきました。

タイの釣り舟で、この辺りでは特大のタイが釣れるそうです。

度々数馬に行くので、近くに割烹があることは知っていましたが、その割烹でこの上総湊の特大タイが食べられるということ、じゅるる・・・・行かなくては。

257系

漁師さんの船が岸壁に着くと、ちょっと人が移動。

目の前をふさがれた感じなったようです。

もっと広角のレンズだと、右手側に広く海を入れることができるのですが、ここで撮影することを想定していなくて、広角を持ってきていませんでした。

それにしても、出発時刻と到着時刻しかわからない状況だったので、いつ115系が通過するのかドキドキものでしたね。

115系

館山出発からおよそ40分後にようやく115系青い海号が通過です。

遠くからだと、113系のようにも見えますね。

そうだ、昨日の白い砂号のお弁当の包み紙は115系だったのに、今日の青い海号のお弁当の包み紙は113系でした、何故????

両方乗れば、115系と113系の包み紙がもらえるということですか。

房総半島お次の楽しみは、缶バッチコレクションですね。

全部参加すると結構な金額に・・・・でも全部参加しないと記念品が貰えないんです。

駅長犬さんのツイッターにお弁当の画像があります。

駅長犬さんは、ジェフのファンでした。