485系華 館山駅開業100周年記念号と185系修学旅行列車

485系華 館山駅開業100周年記念号と185系修学旅行列車

自動運転のシーサイドラインが逆走して、車体が曲がり、けが人も出て大変でしたね。

システム上のエラーはないという事ですが、プログラムが複雑になればなるほど、すべての条件のバグ出しはほぼ不可能。

想定外の条件が揃うことも。

昔、朝の9時5分前になるとシステムの電源が落ちるということがあって、なんじゃらほいと苦労したことが。

これだって、システム上のエラーはなし、でも電源が落ちるんですね。

かつてのデスクトップは、本体が長方形のボックス型で、デスクの下の置くとちょうど良い高さでした。

なので、皆足元に本体を置いて、ディスプレイは机の上というスタイルでしたね。

で、電源が落ちる理由ですが、毎日朝礼があって皆立ち上がるわけです。

その時、足や膝や何かが電源ボタンにあたってコンピューターが落ちる、それで大騒ぎになったんですが、何のことはない、ただのユーザーエラーでした。

あの時のユーザーの嫌味タラタラは伝説になりましたけどね。

逆走だって、システムのエラーではなくて、もっと物理的な何かかもしれないので、その時の状況を再現するしかないかも。

さて、485系華が前日に千マリに入り、翌日安房鴨川から走って来るということで、五井駅まで。

485系華

いつ廃車になるのか分からない華なので、撮影できるときに撮影。

お天気がイマイチだったのでが残念。

五井駅入線

小湊鉄道と並走しないかなと期待しましたがダメでした。

五井駅停車中

五井駅に停車。

この間に急いで窓が見える位置まで走ります。

館山駅開業100周年記念 磯部温泉とSLの旅

館山駅開業100周年記念だそうです。

館山駅周辺は建築に条件があるため、町並みがきれいに揃ってますね。

里見氏の居城だったお城には、南総里見八犬伝の資料が展示されています。

乗車している皆さんは、駅員さんにも送られて信越方面へ。

すでに出来上がっている感じでした。

これで午前中の撮影は一旦終了。

次は午後です。

千葉駅に出る用事のついでに185系の撮影。

185系修学旅行

電車が遅れていたため、ちょっとバタバタしましたが、無事に千葉駅に到着。

千葉駅発車

しばらく千葉駅に停車した185系は外房線の茂原方面へ。

昔のお座敷列車の修学旅行は好評でしたね、電車の方が旅という感じがでますもんね。

185系を見送って、すぐに通過するはずの貨物を待ちます。

EF65-2063

カーブの途中にある千葉駅なので、どこで撮影しても最後尾まで入れるのは至難の業。

機関車だけきれいに見える辺りでシャッターを切りました。

行きは京葉線、帰りは総武線の1090レ、この日はEF65-2063でした。

これで撮影は終わり。

一日バタバタしましたが、撮影はなんとかこなしました。