E257系松本車成田団臨と行先不明の185系B5編成

E257系松本車成田団臨と行先不明の185系B5編成

2年ほど前に推薦図書になった怪物はささやく(monster calls)の映画版を見ました。

原案者は本の完成前に亡くなったため、その意図を汲んで他の執筆者によって書かれたものです。

ストーリーは不治の病に侵された母親と息子、それにイチイの木の怪物の話。

怪物は息子のコナーに3つの話を聞かせて、最後にコナーが4つ目に話をするというもの。

ダークファンタジーと呼ばれていますが、実際は少年の成長の話ですね。

映画は本に書かれている内容を精査してコアな部分だけを描いていました。

コナーが体験した事は、おそらく母親のリジーも自分の父親が亡くなった時に体験したはず。

イチイの木の怪物が話した物語は、リジーが父親から聞いた話で、それを絵本に残していました。

イチイの木は、リジーの父、コナーの祖父の象徴だろうと思います。

映画の中で2回登場するリジーと父親の写真がヒントになってました。

それにしても、フェリシティ・ジョーンズは良い演技をしますね。

シガニー・ウィーバーも良いおばあちゃん役でしたし、リーアム・ニーソンは怪物役なんですが、写真で登場しています。

何より子役のルイス・マクドゥーガルの演技がすごい。

最後の場面は台本なしの演技だったそうです。

さて、E257系松本車の成田団臨を撮影するため総武線へ。

いつもの跨線橋から見える下志津、習志野駐屯地では訓練初めのためのリハーサルが行われていたのか、ヘリや飛行機がガンガン飛んでました。

E217系松本車

習志野駐屯地の空挺部隊の落下訓練を期待していましたが、この日は風が強くて予行演習はなしのようです。

それで、鉄撮影に専念。

まずはE217系から、入換中のE217系とツーショット。

E257系松本車

お待ちかね、E257系松本車の成田団臨。

表示も団体でした。

これだけだともったいないので、貨物も撮影。

255系特急しおさい

貨物の前に、255系特急しおさい。

EF65-2050鹿島貨物

積載良好のEF65-2050鹿島貨物。

陽がさして暖かそうに見えますが、実際はとっても寒かったです。

この後は、とにかく待つ、待つ、待つ・・・・・

185系B5編成

千葉貨物・・・ではなくて、情報未確認の185系B5編成団体。

行先もわかりませんでした。

成田かな?????

貨物は遅れに遅れてまして、全然来ません。

その間、駐屯地の上空を旋回するヘリなどで楽しませてもらいましたけど。

EF65-2092千葉貨物

EF65-2092千葉貨物。

積載はいつも通り。

20分以上遅れてまして、待つ間にすっかり体が冷え切りました。

これで撮影は終了。

帰宅して185系の情報を探しましたが、さっぱり分からず。

この時期なら成田臨なのかな????