京葉線E233系試運転と185系回送 など

京葉線E233系試運転と185系回送 など

空のF1と言われるエアレースが今年限りで終了することになりました。

最終戦は幕張で9月の7日、8日。

それなら見に行こうと思ったりしますが、座席は高い。

一般座席でも16000円、一番高額な席は40万円します。

でも高額なチケットはすでに完売してますけどね。

レッドブルが期待した通りにはスポンサーも増えない、メジャーにもならないということで、打ち切りになったようです。

エアレースはあくまでアマチュアスポーツなので、賞金はありません。

なので、機体の維持や運送費、スタッフの給料などはすべてスポンサー任せ。

メジャーにならないとスポンサーの獲得も難しいのでしょう。

ただ、見ていて面白いので、打ち切りはちょっと寂しいですね。

さて、回送や試運転など、色々あるので、習志野駅までちょっと撮影に。

EF65-2085

最初の目当てはカラシでしたが、その前に千葉貨物行きのEF65-2085。

これがダイヤ改正後も総武線を走ってくれてたら・・・・・

EF65-2127

16タキを牽いてきたEF65-2127。

タキの数は減っても全休にはならない8685レですね。

EF210-152

京葉線定番の桃。

昔は吹桃だったような????

ケヨ34

ケヨ34はいまだ健在。

昼間は、海浜幕張と東京間のピストンだったようでした。

E233系試運転

ダラダラ待っていると、E233系の試運転が千ケヨから上がってきました。

行先は西船橋なのか東京なのかわかりませんが、午前中も試運転してましたね。

185系OM03+B7

試運転車に気をとられていたら、185系の姿が見えて、あわててホームを移動。

修学旅行専用として走るため、この日は誉田折り返し千マリに入ります。

185系回送

もう一度ホームを移動して、京葉線本線を下る185系を撮影。

どちらかというと、こっちの方がメイン。

幕張のビル群の向こうに姿を消していきました。

大体の目的はこれで終わりましたが、新習志野は快速が停車しないため、次の各停蘇我行までひたすら待ちます。

EF210-173

まだ時間があったので、最後にタキ返空のEF210-173。

空タキなので、桃も足取りが軽いこと。

これで撮影は終わり。

新習志野改札を出て切符自販機側には、武蔵野線205系のジャカルタ行きの展示があります。

展示と行っても、説明の写真などが張ってあるだけですが。

ちょっとした心遣いですね。