特急車両255系で行く成田山初詣の旅と 鹿島貨物 EF64-1028

特急車両255系で行く成田山初詣の旅と 鹿島貨物 EF64-1028

年末の黒塗りコメディが話題になってました。

日本人がハリウッド映画の、出っ歯でつり目で瓶底メガネの日本人を見て嫌な気分になるように、黒塗りコメディを見ると、黒人の人たちも嫌な気分になるという事でしょう。

今もミシシッピー・バーニングのような現実もありのアメリカ。

なんだかんだと言っても映画の世界も白人至上主義ですしね。

アメリカのアンティーク・ショップに行くと、ウォーター・メロンと黒人というモチーフの絵をよく目にしました。

たいていのお店で見かけるので、一体これは何の絵かな??と店主に聞いてみたら、プランテーションで働く黒人奴隷は、いつもウォーター・メロンを食べて遊んでいると、つまり黒人は怠け者だという意味の絵だと教えてくれましたね。

これも人種差別で、現在はこのモチーフの絵は描かれていないと思います。

ハックルベリーフィンの冒険も人種差別が裏テーマですし、黒人差別の裏側には長い長い奴隷の歴史があるんですね。

この問題はハラスメントと同じで、対象となる人が正当な理由でアウトといえば、やはりアウトという事でしょう。

さて、今日は寒くて天気も悪くて・・・

でも、鉄をやりだして初めて255系が成田線を走るので、寒い中、出かけることにしました。

加えて、新年初の鹿島貨物がEF64-1028だったので、それに時間を合わせることに。

ポケモンバス

鹿島貨物を待っていると、こんなにぎやかなポケモンバスが通過。

屋根が立体的でいいなあ・・・・

EF64-1028

新年初の鹿島貨物はEF64-1028。

積載も良くて、トランシーものってました。

でも、お天気が・・・・・段々寒くなっていくんですね。

255系回送

ぽつりぽつりと雨が降りだしてくる中、成田駅に向かって255系が回送されてきました。

この団臨、チケットの申し込みは、館山、君津、木更津、五井限定で、蘇我を過ぎると、千葉から成田までは乗降できません。

駅で配布されていたパンフにも、各発車到着時刻は、蘇我から和田浦までと成田駅しか印刷されていませんでした。

成田線の255系

成田線走行の証拠写真ですね。

このあと255系は成田駅から戻ってきますが、先行して、久しぶりに内房線で255系を撮影することにしました。

209系

南の海を低気圧が通過中ということで、南に下れば下るほど雨足が強くなりました。

255系の直前にやってきた209系の各停をテスト撮影してみると、かなり暗いい・・・・

特急車両255系で行く成田山初詣の旅

やっぱり暗かった255系・・・・

近頃、臨時でも255系が走ることが少なくなった内房線なので、良い撮影機会でした。

八幡宿停車

255系はスローダウン・・・スローダウンして、普段停車しない八幡宿にも停車。

晴天だったらもう少し先まで行きましたが、雨天だとここらが限界でした。

五井方面に出発した255系を見送って、今日の撮影は終了。

帰りの電車の中で、ずっと夕飯は鍋物にしようかと考えてました。