毎年恒例・大賀ハス偵察

毎年恒例・大賀ハス偵察

国会は、安全保障の件でひと悶着しているようですが、それと同じくらい大事な問題を抱えている日本。

2025年問題はもう待ったなしで、消費税を30パーセント以上に上げて、その税金すべてをつぎ込んでもトントン・・・

人口を故意に操作した国は破たんするそうで、戦後のつけが今になって大問題になったということですね。

選挙権を18歳以上にして、選挙の年齢別人口比を何とか保とうとする一方で、18歳で成人なら、年金も保健も18歳から支払う義務が生じるはず。

成人になるということは、それに伴って義務もあれこれ増えるということになりますね。

現在の年金支払いの開始年齢は20歳ですから、2年早くなります。

さて、6月も半ば近くになって、テレビで千葉公園の大賀ハスを見たので、今日は用事ついでに千葉公園に偵察に行ってきました。

大賀ハス

今ではあっちこっちで見られる大賀ハスなので、さほど珍しくありません。

早朝に花を咲かせる大賀ハスは、大体お昼前には花を閉じてしまいますが、曇りや雨、気温が低い日などは、比較的遅くまで花が開花したまま残ることがあります。

しかし、今日はピーカンの真夏日で、光化学スモッグ注意報まで出る日だったので、午後になってから千葉公園に行ったら、開花した花などほとんどなし・・・・

池の周りを歩き回って探して、比較てきまともだったのは、この一輪だけでした。

大賀ハスとモノレール

千葉公園で撮影できるのはモノレールだけ。

ハスはつぼみばかりだし、撮影向きの時間ではありませんでした。

俺ガイルも走っていなかったし・・・・

大賀ハスとアーバンフライヤー

アーバンフライヤーは2編成走ってましたね。

今日は草刈りの日だったため、作業員さんを入れないように構図を撮るのが難しかったです。

チーバくん

チーバくんは走ってました。

大賀ハスを鑑賞するなら、朝の8時か9時くらいまでに公園に行かないと、きれいに開花していないですね。

それにしても、今日は暑かった・・・・

汗だくになりました。

帰りはアーバンフライヤーに乗ってのんびり。

千葉駅手前にミニミニ京葉線E233系がありますが、今日はそこで保線の訓練をしていました。

あそこの踏切が鳴っているのを初めて見た・・・・・