今年は晴天 ちばモノレール祭り その2

今年は晴天 ちばモノレール祭り その2

今年は晴天 ちばモノレール祭り その1で書いたように、車両工場を見学した後、工場奥に展示されているモノレールの車両を見に行くことにしました。

今年から導入されたアーバンフライヤーも展示されているはず、行列に並べばアーバンフライヤーの運転席にも入ることが出来ましたが、30分以上待つというのでやめました。

アーバンフライヤーから後ろに目を移すと、動物園号が置いてあるのが見えます。

動物園号

最後の走行を、わざわざ都賀まで大雨の中撮影に行った、あの動物園号ですね。

このモノレールまつりまで解体せずに保存しておいてくれたのでしょうか、車体にはいっぱいさよならメッセージが書いてありました。

窓

中には、こんなメッセージも・・・・物品販売用に部品を取らないでという注意ですか???

そういえば、さよなら運転のとき張り付いていた、風太君のヘッドマークが今どこにあるのか気になります。

アーバンフライヤー

動物園号にはこれ以上近づけないので、アーバンフライヤーに近づいてみます。

2両3編成のうち、この日お仕事していたのは、003と004番の1編成のみ。

こんな風に地上すれすれに、アーバンフライヤーが並ぶことも珍しいので、映り込みが激しくてちょっとごちゃつき感があるアーバンフライヤーを撮影、なんか落ち着かない絵柄になりました。

アーバンフライヤー

今年は、グッドデザイン賞をもらったアーバンフライヤー、来年の11月まで、このヘッドマークをつけて走ります。

モノレール

モノレール二階建ての風景、車両基地内のレールは乗客が乗っていることを想定していないので、あまり重たいものはぶら下がれない、簡易構造になっているそうです。

アーバンフライヤーをまじかで見た後、最後に、毎年来ている消防車と地震体験車の展示コーナーに移動します。

体験乗車

消防車の背後を、体験乗車のモノレールが走ります。

この消防車は梯子車なので、梯子が上っている時にモノレールが走ってくれればよかったけれど、そうは上手くいきませんんでした。

レールが簡易構造になっているせいか、乗っている人数はずいぶん少なかったですね、体験乗車は抽選です。

今年は、午後から来たせいか、食べる物がほとんど売り切れていて、ひもじかったなぁ・・・

車両基地は動物公園駅近くなので、この後、動物公園に行く親子連れや、動物公園から来た親子連れも多かったようです。

今年の総動員数は6000人くらい、車両基地と言ってもそんなに広くは無いので、ちょうど良い混み具合でした。

来年も良い天気だといいな。