やっと秋らしく・・・・

やっと秋らしく・・・・

少し良くなってきた風邪をぶり返して、体がだるいッたらない・・・・

昨年ウィルスに対する効果がないとか言われていたクレベリンですが、エボラに対して効果がある成分を含んでいるので、早速スプレーを買ってきて家中にまきました。

風邪予防にもなるかも。

夕方になって、高倉健さんがなくなっていたことを知ってびっくり。

ちょうど食べ盛りの時期が戦時中で、ひもじい少年時代を過ごしたことでしょう。

戦争中は、海岸近くに高射砲が据えてあって、B29が飛んでくるとパコーンパコーンと一応は弾を打っていたらしいです。

けれど、B29は高射砲の弾が届く高さのはるか上を飛んでくるので、一発も当たらず。

B29は高射砲を無視して悠々と上空を大編隊で飛んで行き、空襲をしていたということでした。

その弾が、空中でも海に落ちても全然爆発しない、きっと火薬も尽きていたのではないかという話を聞きましたね。

そんな時代を生き抜いてきた人ですから、高倉健さんはきっとものすごくまじめな方だったんでしょう。

男は黙って爪楊枝・・・・無口で気づかいがあってやさしい、昭和平成の大スターでした。

さて、今日は紅葉と何かを一緒に撮影できないかと、総武本線沿線から千葉公園へ。

ようやく秋という感じになってました、

モミジとアーバンフライヤー

色づいたモミジは、公園の斜面に多くて、なかなか絵になりません。

今日は、構図のとり方を色々試そうと思ってましたが、難しかったです。

銀杏とチーバくん

寒い日でしたが、散歩をする人は多かったですね。

桜の葉っぱはほとんど落ち切ってしまって、枯れ木状態に・・・

銀杏とアーバンフライヤー

公園内でひときわ目立つ銀杏の木の真下に立って撮影。

この横は道で、道を挟んで工事をしているのですが、以前、モノレール通過時にクレーンをモノレール側に倒して来たため、珍しく警笛が鳴りました。

千葉みなと側からモノレールのメンテナンスのための足場が組まれてきているので、いずれこのあたりにも白い幕がかかるかも。

モミジ

蓮池近くのモミジはまだ青かった・・・・

枯れた蓮はすっかり片付けられてきれいになってました。

このモミジが色づくと、撮影しやすくなるんですけど。

エナガ

公園の中は野鳥の楽園。

エナガが群れになって頭上を飛び回っていました。

鴨も飛来しつつあるし、次回は400ミリくらいのレンズが必要かな???

アーバンフライヤー

午後遅くなると、光の加減で黄葉が映えるはずなので、池の前で待機。

池の前に立つと、キンクロハジロが寄ってきます。

加えて、鯉も寄ってきます。

チーバくん

エサをねだられても、何もあげないと、鴨たちもあきらめて池の真ん中に戻っていきました。

そういえば、この千葉公園は、戦争中鉄道連隊の訓練施設がりましたね。

池のほとりでじっと待っていると、体が冷え切ってしまいます。

あと30分待っていれば、夕日に映える黄葉を撮影できたのですが、寒さに耐えきれずにこれで退散。

あああ寒かった・・・・明日はもっと寒いかも。