定点撮影 千葉モノレール

定点撮影 千葉モノレール

自宅近くに色々な鉄道が走っているのは、自分にとってはとても良い環境で、買い物帰りでもさっと撮影することができます。

今日は、紅葉の下見に行き、そごうに寄ったついでにベンチで昼食を取りながら、頭の上を通過していく千葉モノレールを定点撮影することにしました。

ラッキーなことに、今日はモノちゃん号、チーバくん・ラッピングカー、アーバンフライヤーが揃って運行されています。

最近、この3種類が揃って運行されることが少ないので、風が冷たくてちょっと寒かったけれど、そこは温かい缶コーヒーを飲みながら、ひたすら目当てのモノレールの通過を待ちました。

チーバくん

チーバくん号は、2号線千城台行きだったので、この後一時間近く戻って来ません。

これは何のラッピングかといえば、交通安全、チーバくんは国体キャラでしたが、その後、デザイナーの方から使用が認められて、今ではすっかり千葉県の定番キャラになりました。

ちなみに、チーバくんをデザインした方は、スイカ・ペンギンのデザイナーです。

千葉県の地図を見ると、不思議なことにチーバくんに見えてくる・・・鼻は野田市、舌は浦安市ですね。

モノちゃん号

千葉モノレールのキャラ、モノちゃん、カワイイので好き、それに、千葉虎屋で売っているモノちゃんどら焼きは、甘さ控えめで美味しいのです。

モノちゃんのモデルは尾長ザルでしょうね。

アーバンフライヤー

最近定番の被写体になりつつあるアーバンフライヤー。

このセンシティーの4階の他に、千葉みなと駅手前のみなと公園横のカーブでも、かなり低い高さを通過するので、近めで撮影したいときは、どちらかでカメラを構えます。

紅葉の季節なら、千葉市役所前から千葉みなとまでの通り沿い、千葉公園、それに動物公園前を過ぎたあたりから街路樹の紅葉が見られるので、みつわ台から先が撮影ポイントになります。

春は千葉公園とみつわ台が撮影ポイントかな・・・

そろそろ千葉公園の銀杏が黄色くなってきたので、また撮影に行こう。