落ち葉と蒸気機関車

落ち葉と蒸気機関車

地震でびっくりして更新が止まってしまった・・・・

震源地はモノサクでした・・・って、あああモノサクなんだとグーグル地図をずっと見てました。

今日は、治らない耳鳴りの原因究明のためMRI検査をしてきました。

結果は特に何も異常なし、腫瘍も脳動脈りゅうもなく、きれいな頭だったそうです。

ということは、耳鳴りの原因はただの不摂生か、それとも循環不良なのか、ともかく脳に異常がなくてほっとしました。

癌も脳動脈りゅうも遺伝的要素が占める割合が高いので、身内に癌や脳溢血になった人がいなければ、まずかかることはないよと、前に外科の先生に言われたっけ・・・

父方母方の身内にそういう人が一人もいないので、まずは一安心。

検査結果がわかって、ちょっと肩の力が抜けました。

それで、ミラーレスを持ってきていたので、お医者の帰りにちょっとSL辺りの様子を見てみることにします。

千葉公園の奥にひっそりと置かれている蒸気機関車。

正式名はC型タンク飽和蒸気機関車といい、神戸の川崎車両で製造、昭和44年まで川崎製鉄千葉製鉄所で使用されていたと、案内板にありました。

SL

毎年この場所は黄色く色づいた銀杏の絨毯になるんですが、すでに時遅し・・・

お掃除の人達が来ていて落ち葉を片付けていました・・あああああ。

SL

国産のこじんまりした蒸気機関車NUS5、運転台周りは固められていて動きません。

銀杏の落ち葉だらけになると、本当にここはきれいなんですけど、強風の中、一生懸命掃き掃除している所 を見ていると、しょうがないかなと思いました。

銀杏の葉はすでにかなり落ちていて、加えてこの強風で更に葉っぱが落されたので、明日行っても何もないかも。

SL

このSLはもう動きませんが、佐倉駅前に静態保存してあるハチロクが動かないかなとひそかに期待してはいます。

無理かな・・・・総武本線をもう一回SLが走ると嬉しい。

モミジ

銀杏の絨毯で撮影したかった蒸気機関車ですが、お掃除のトラックが手前まで入っていたため、残る銀杏ともツーショットできず。

それで、横にある色づいたモミジの影から撮影してみました。

撮影していると、蒸気機関車周りで掃除が始まったのでここから退散です。

遊具

遊具広場の銀杏の絨毯も綺麗に掃き集められていました。

しかし、イルカとラッコ、変な組あわせですね、水族館繋がり??

運動場ではつむじ風が起き、背中が押されるくらい強い風が吹き荒れます。

目当ての銀杏の絨毯もなく、撮影は失敗。

それで、モノレールでも撮影しようと池の方へ移動しました。

千葉モノレール

先日撮影に来た時は、全く色づいていなかった木々が今ごろ紅葉。

モノレール下の木の葉っぱが落ちたので、モノレールの車体が良く見えるようになりました。

でも、ミラーレスだとワンテンポシャッターを切るのが遅くなるため、モノレールの位置がちょっとずれる・・・

そこに風が吹いてきて、車体が赤いモミジの葉に隠れました。

ちょうど、西日が当たらない側のモミジが色づいているので、他の場所でモミジを探します。

アーバンフライヤー

色づいてはいるけれど、葉っぱはちりちり状態。

寒い中約20分まって、アーバンフライヤーが通過。

千葉みなとから戻るのを待って・・とも考えましたが、体温が下がりっ放しなので、これで今日はおしまいにしました。

帰りにホットコーヒーを買ってポケットに入れて手を温めながら帰りましたが、ずっと歩いているとさほど寒くはないんですね。

でも明日は寒そう・・・・どうしよう。