今日は単機のEF64-1027と行ったり来たりの駅メモ!コラボ

今日は単機のEF64-1027と行ったり来たりの駅メモ!コラボ

直虎は残すところ後一回ですが、今回の信長が今までで一番怖い・・・・

さすが歌舞伎役者の海老蔵さん、目力だけで演技ばっちりです。

史実を交えつつ、行間をうまくまとめている直虎ですが、今回は六角さんがうまい演技でした。

実際、伊賀越えの時には、正信は家康の側にいたはずなので、タイミングよく登場しました。

今回は名優達による三文芝居あり、直虎と龍雲丸の再会あり、信長の給仕姿ありで面白かったです。

もし、井伊家にとわではなく男子が生まれていたら、井伊家はとっくに潰れていたかも。

その場合、確実に直政は生まれていませんね。

戦国時代の絶妙なタイミングで直虎が生まれたおかげで、後々まで井伊家が存続できたのかもしれません。

明智光秀の本能寺襲撃については様々な憶測がありますけど、あの当時の身分からいうと、光秀が格下秀吉の援軍として駆けつけるなどは普通はありえないこと。

もし、本能寺襲撃が起こらなくて、光秀が秀吉と備中から戻ってきたら、光秀はきっと格下げになっていたでしょう。

それをわかっていたので本能寺を襲撃したのかも・・・事実はわかりませんけど。

すべてタラレバですね、

さて、今日はEF64-1027が再び鹿島貨物へ。

EF64-1027

単機と分かっていたので、千葉駅で撮影しました。

ここ数日ダイヤが乱れたりして、結構心配しましたが、今日は何もなし。

せっかく出てきたのに、これだけで終わるのはもったいないので、千葉モノレール側の出口へ向かいます。

今日は県庁前方面に駅メモ!コラボが2編成運用されていたので、まずは県庁前へ。

駅メモ!アーバンフライヤー

乗ってきたアーバンフライヤーを駅外の公園から。

以前に撮影した時よりも陽が傾いていて、すっかり影になっていました。

駅メモ!1000形

入れ替わりの1000形はヘッドマークがわかる場所で。

そろそろ夕焼けっぽくなってきました。

駅メモ!コラボ県庁前

1000形の反対側のヘッドマークをうまく写せず、次のアーバンフライヤーは都川沿いから。

文書館では現在相撲展をやっていました。

ここから千葉駅方面に歩きながら撮影を続けていきます。

1000形ヘッドマーク

1000形の駅メモ!ヘッドマークの反対側。

日当たりが悪くなってきましたね。

千葉駅方面に歩きながら、撮影場所を探しました。

駅メモ!映り込み

陽が落ち始めてモノレールも影になっているので、次は有名撮影地で。

映り込みはわかりにくかったです。

もう少し後ろに下がって撮影したかったのでが、意外に人通りが多く、街灯など邪魔も多く・・・・・

銀杏と駅メモ!

最後は銀杏とツーショット。

中央公園前も候補に入れていましたが、あそこは柱が邪魔だし・・・・

栄町も良いのですが、それはまた次の機会に。

これで撮影は終わり。

次のモノレールで帰ろうかと思いましたが、待っている間にかなり歩けるので、そのまま歩いて帰宅・・・やっぱり乗ればよかったです。