花咲く千葉市役所とアーバンフライヤー

花咲く千葉市役所とアーバンフライヤー

千葉市役所の敷地内はいつもきれいに手入れされていて、四季折々の花が咲きます。

市役所に用事があることはめったにないのですが、千葉みなと駅方面に歩くときは、今何が咲いているんだろうと、遠回りして市役所へ足を運んだりします。

少し前に撮影した写真ですが、ちょうど市役所と銀行の敷地内の皐月が満開の時期、アーバンフライヤーと皐月を絡めてみました。

残念ながら、この日、俺妹号はメンテナンス中です。

そういえば、千葉モノレールの社長が俺妹号運行について苦言を呈していましたね。

撮影に関するお願い

運行妨害が多発しているため、目に余れば運行を中止するというものです。

これから、桐乃、黒猫車内アナウンス号も運行されるので、中止されないことを願います。

アーバンフライヤー

左手側が市役所、奥の交差点を右手に曲がってモノレールに沿って歩くと、鉄道写真家の山崎さんが千葉モノレールを撮影した場所に出ます。

公園を突っ切った方が早いかな???

ずっと奥には京葉線の高架も見ることができます。

アーバンフライヤー

市役所へ行く前に、銀行の皐月の前で撮影、向かって左側に見える国道は、以前はこの交差点まで16号線でしたが、現在は357号線に名称変更されました。

今の国道16号線の始まりは市原市と千葉市の境界になりますね。

モノちゃん号

市役所の正面エントランスへまわると、皐月が満開でした。

折よくモノちゃん号が通過、背後に見えるタワーは放送局のもので、トップにカメラが据えてあるのか、お天気中継の時はこの辺りが映ったりします。

現在この周囲は再開発中です。

アーバンフライヤー

皐月の種類には山ほどあるはず・・・・父が皐月で盆栽を作っていたのでよく覚えていますが、名前の数がすごい・・・

盆栽というのは何代も続けて育てないと価値が出ないそうですが、父の盆栽の行方は分かりません。

盆栽の夏の水やりは大変ですから。

25周年ヘッドマーク

花の位置が低いので、撮影中はずっと中腰でした。

さすがに腰が痛くなって立ちあがると、25周年のヘッドマーク付きが通過。

四半世紀も続いているのはすごいのかな???

経営の危機が何度もうわさされましたけど、今や市民にとってはなくてはならないモノレールです。

モノレール運行を見越して作られた団地や住宅街もあるので、廃線は困りますね。

ずっと千葉市の空を走って欲しいものです。

アーバンフライヤー

市役所のエントランス前には、パンジーやビオラの花壇も作ってありました。

この花壇の花は、季節によって変えられるのですが、今はパンジーとビオラです。

最後にアーバンフライヤーを撮影しようと花壇の前で待機。

ありゃ、看板が写ってる・・・・とここで撮影は終了。

なんだか変な終わりかたでした。