開業25周年千葉モノレール 俺妹号

開業25周年千葉モノレール 俺妹号

とってもローカルな話題ですが、今年で千葉モノレールは開業25周年を迎えました。

どちらかというと、無事迎えてくれたわという感じ、何度も赤字削減できずに、廃線とまではいかないまでも色々と悶着がありました。

計画では幕張まで延長のはずでしたが、隣を走るJRと張り合っても負けるだけ、さらに、幕張までの乗車賃は考えるだけでも恐ろしい金額になっていたことでしょう。

幕張まで伸ばしていたら、初乗り190円が250円くらいになっていたかもしれない・・・・今のままで十分便利です。

開業25周年を迎えた千葉モノレールでは、現在俺妹号が走っています。

俺妹こと「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」では、主人公の自宅が千葉駅近くに設定されていることもあり、原作では実在の地名や施設が多く登場しますね。

そういう事情もあって、最近は千葉モノレールと何度もコラボしています。

今日は、俺妹号と開業25周年ヘッドマーク付きを狙うことにしました。

アーバンフライヤー

でも外せないのがアーバンフライヤー、通称UFOですが、今日は1号線の県庁前行きに2編成運用されていました。

25周年HM

開業25周年のヘッドマーク、ラッピング車両とアーバンフライヤーは小さなシールタイプですが、ラッピングなしのこの編成には、取り付け型の大きなヘッドマークがついています。

このヘッドマーク、どこかで見たことがあると思ったら、1000形第一編成のさよならイベントで見たものでしたね。

出かける前に、千葉モノレールのホームページから俺妹号の時刻表を写してきたのですが、良く見ると時刻が間違っている・・・・

 だから、一生懸命俺妹号が来る時間を計算しました。

チーバくん号

俺妹号の前にはチーバくんラッピングも登場、まだまだ全国区にはなっていないチーバくんですが、千葉ではすっかりおなじみのキャラクターになりました。

メモから計算すると、そろそろ俺妹号が千城台から戻るはず・・・・

でも下を通る京成もすごく気になりましたけどね。

俺妹号

来た来た俺妹号、実は左右それぞれの側面ごとにイラストが違うのです。

こちらの側面は高坂桐乃、原作を全部読んだことはありませんが、千葉駅周辺の住宅というと、弁天町か、新千葉、松波辺りでしょうか、イメージとしては弁天町ですけど。

俺妹号

反対側は黒猫、アキバ系ですね。

しかし16ミリレンズを使っても、全体を入れて撮影するのは難しいな、もっと遠くから狙った方が良かったかもです。

でも千葉モノレールは道路の上を通っているので、支える橋脚が邪魔になるんですよね・・・・

俺妹号

広角でも撮影に困る車両ですが、6月30日まで運用されているので、イラストがばっちり入る撮影地を探そうかなと思っています。

俺妹号の運転時刻表は千葉モノレールのホームページに掲載されています。

俺妹の公式サイトはこちらです。

アニメ第二期も放送開始されれいます。