今日はクルクル久留里線

今日はクルクル久留里線

クルクル久留里線というタイトルをつけたのは旦那ですが、今日はほんとにクルクル同じ場所をまわってました。

国鉄キハからE130系へ、久留里線を走る列車が替わってから、ちゃんと久留里線に乗るのは初めてです。

切り替えの最終日にE130系に乗りましたが、すごい混雑していて、なんだか乗った気分になりませんでした。

今回は、ワンマン運転になった久留里線はじめての旅、上総亀山へゴーです。

朝、自宅を出た時は、そんなに強風だとは感じませんでしたが、木更津に着いたらすごい風、ちょっと肌寒く感じましたが、ホームに停車しているE130系の車内は、何故か送風状態で寒かったです。

上総亀山の滞在は、本当は20分ほどの予定でした。

乗って来た列車で久留里まで引き返して降りるつもりだったのに、亀山でゆっくりすることに・・・・

早い話が列車に乗り遅れただけなんですね。

芝桜

こうなると、2時間たっぷりと上総亀山で楽しむしかない、いつもは亀山湖方面へ行きますが、今回は上総松丘方面へ歩いてみました。

知らない場所では新しい発見がいっぱい、民家の庭に見事な芝桜を見つけました。

この辺りはまさに日本の原風景、どの屋敷も手入れの行き届いた広い庭があり、春の花が咲き乱れていました。

1キロほどしか歩いていないのに、被写体が一杯あったため知らない間に時間が過ぎていきます。

しかしまた乗り遅れたらいけないと、撮影を切り上げてそろりと駅に戻ることにしました。

E130系

ただ駅にまっすぐ戻ってもつまらないので、帰りに乗る予定のE130系の到着を待って、花と一緒に撮影することにしました。

菜の花

この上総亀山駅周辺は、ちょうど盆地のようになっているためか風が弱くて花もちも良く、撮影し易い場所ですね。

山の斜面の桜の花も、まだまだ満開です。

E130系

さすがに、駅周辺の桜の花は散っていましたが、菜の花はきれいに咲いていました。

E130系

やっぱり何だかまだしっくりこないE130系のカラーですが、乗り居心地は以前のキハより良くなりました。

でも出発は、急発進でしかもガタンと大きな音をたてるので、せっかくうとうとしていても、何だ何だ雷か親父かと目が覚めてしまいます。

ワンマンになって、出入り口は前車両の一番前のドアだけになったし、運転士さんはお会計までこなさないといけなくなって、なんだかせわしないというか・・・

駅に着く度に、運転士さんは大忙しです。

チューリップ

上総亀山行きの本数がもっと増えてくれたら良いなと思いますが、乗り降りする人数から、それは無理なお願いみたいですね。

駅近くをうろうろして撮影しながら時計を見ると、出発時間が迫っていることに気がついて、急いで駅に戻りました。

今日の強い風のせいで、久留里線は横田と東清川の間で徐行して、約4分の遅れ、内房線は遅れていなかったので、順調に帰宅できました。

う~ん、また上総亀山に行きたい・・・・