久留里線 旧型キハ ラストラン

久留里線 旧型キハ ラストラン

今日は、馴染みだった久留里線の旧型キハのラストランの日。

昨夜、上総亀山に向かったキハ30が、そのまま2両編成で木更津に戻って来るので、まずは16号線から見納めになるキハ30を撮影します。

木更津駅やその周辺には、あちこちカメラマンの姿が・・・いつになく、にぎわう木更津でした。

久留里線の新旧キハの入れ替えは、一日かけてゆっくり行われますから、少なくとも、午前中は、まだ旧型のキハが走ることになるわけです。

キハ30

ちょうど、上りのキハ30が木更津に戻る時には、少し日がさしてくれました。

これなら、今日はあまり大崩れぜず、天気がもってくれるかな・・・と期待しましたけど。

キハ37

天気予報では、午後はにわか雨、寒気のため、北風強しということだったので、キハ30を撮影し終えたら、天気い予報通り、雲が空を覆い始めました。

しかし、天気に不安はあったものの、とにかく久留里へ向かうことにします。

久留里

今だかつて、こんなに混雑した久留里線に乗ったことがない・・・というくらい混雑したキハ38に乗って久留里駅に到着すると、ホームは人であふれ返っていました。

ラストランフェスタ

久留里駅前はお祭り騒ぎ、地元の人は、どのくらいこのお祭りに参加していたんでしょう??

それはともかく、式典のために久留里に戻るキハ30を撮影するために、駅前から移動します。

キハ38

ちょっと移動が遅くて、撮影場所に迷ったため、キハ30は木や草に遮られてはっきりと撮影できませんでした。

そうこうしているうちに、久留里まで乗って来たキハ38が、上総亀山から戻って来ました。

この後、周りの鉄ちゃんは、ほとんどが式典参加のために久留里駅に戻って行きましたが、ホームはすでに人で満員とわかっていたため、ここに残り、キハ30のラストランに備えます。

E130系

待っているうち、天気が豹変して、大雨、続いてあられが降ってきました。

しかも、風が強くなり、寒いの何の、朝とはうって変わり、真冬並みの冷たさです。

そんな中、ファーストランのE130系がやって来ました。

キハ30

とうとう、入れ替えが始まったかと、ちょっと複雑な気分でいたら、いよいよラストランのキハ30が走ってきました。

あれらは止みましたが、まだ雨は降り続いていて、まさに涙雨ですね。

E130系

ラストランのキハ30を見送り、木更津に戻ろうと、久留里駅に向かって歩きだすと、徐々に雨は止んでいきました。

久留里駅周辺は、まだまだ人で一杯、改札からホームへ出るのも一苦労です。

木更津行きを待っていると、さっき通過して行ったE130系が上総亀山から戻ってきました。

初E130系乗車ですが、なんか感動がない・・・

キハ38

木更津方面からは、キハ38がやって来ました。

おそらく、このキハ38が、久留里線を走る最後の旧型キハになるはずで、寂しいなぁ・・・

べた混みのE130系に乗って、木更津に戻る途中、沿線には、まだ多くのカメラマンが残っているのが見えました。

皆、あの最後のキハ38を撮影するのでしょうか・・・

キハ30

木更津駅には、ラストランを終えたキハ30が、夕日を浴びて光っていました。

昨日まで、当たり前に見かけた旧型キハが、明日からは全く走らなくなり、木更津車両区からも、いずれ姿を消してしまうでしょう。

どこか別の鉄道路線で、また、今までのように走ってくれるとうれしいです。