久留里線 旧型キハ 配給始まりました。

久留里線 旧型キハ 配給始まりました。

12月1日にラストランを終えた久留里線のキハ30、キハ37、キハ38の車両配給が始まりました。

今日はキハ38の3両が、郡山に向けて配給輸送されたのですが、知った時はすでに時遅し、通過したあとだったので撮影できませんでした。

これで、とうとう旧型キハが木更津から消えていきます・・・

ラストランの日は、あられかと思いきや、ヒョウが降り、たいへんな荒天でした。

ヒョウ

顔に当たると、結構痛かったヒョウ、ものすごい久しぶりにヒョウに降られました。

キハ30

荒天で締めくくられたラストラン、荒天でもすごい人出でしたが、今は、久留里も落ち着いたでしょう。

近いうちに、久留里に行こうかと思っていますが、乗るのはE130かぁ・・・

木更津駅

今日、配給されたキハ38のうちの2両は、郡山で点検整備されたあと、岡山県の水島臨海鉄道で活躍する予定だそうです。

水島臨海と言えば、キハ20が現役で走っている路線ですね。

大事に使ってもらえるといいな・・・・

残りの1両は、ポッポの丘に展示予定、これもちょっと複雑な気分、雨ざらしになるわけなので・・・・

キハ37車内

キハ30のうち1両はいすみ鉄道へ、残りの2両とキハ37の3両も水島臨海鉄道へ貰われていくようです。

西に行ってしまうと、なかなか乗れませんし、いすみ鉄道に貰われていくキハ30は走行予定がないので、う~ん・・・

正直、社長の好みではないとわかっていますが、いすみ鉄道に、キハ37も貰ってほしかったです。

キハ30

貰われていく先の水島臨海鉄道をちょっと調べたら、もしかしたら、乗ったことがあるかも??の路線でした。

「臨海」とつくだけあって、京葉臨海鉄道へリンクされていたりと、もともと貨物輸送の路線なんですね。

キハ20が4両在籍しているとのこと、この4両が久留里線の車両と交代するのでしょうか。

扇風機

キハ20なら、小湊鉄道で走っていますが、小湊のもと国鉄キハ20であるキハ200は全てロングシート、一方水島臨海のキハ20はボックスシートでした。

ボックスシートがオリジナルかな??

キハ38

ここしばらくの間、久留里線の車両が、どこに行くのかずっと考えていましたが、やっぱり西でしたね。

東に残るのは、いすみ鉄道のキハ30とポッポの丘のキハ38だけ、どちらも走らないので、それがとっても残念です。

それにしても、次回の配給はいつかな???