お花畑の番人

お花畑の番人

最近は房総に特別列車が来ないので、この隙にローカル線の撮影をしてしまおうと思ってます。

もっとも、内房線も外房線も総武本線も成田線も、ローカル線と言えばローカル線なんですけど。

でも、ローカル線なら、やはり小湊鉄道やいすみ鉄道ということで、昨日の小湊鉄道の撮影の際、面白いものを見つけたので、それを掲載することにします。

小湊鉄道沿線は、季節季節で色々な場所に色々なお花畑が出現しますが、今回のソバ畑というのは初めて。

夏の間ひまわりが咲いていた場所は、すっかり綺麗に整地されていて、春の菜の花を待つばかりになっていました。

特に応援団もない小湊鉄道ですが、沿線の人達が列車から見えるようにと休耕田を利用して花を植えて咲かせてくれます。

無人化された駅でさえ、今でも花壇が綺麗に手入れされていますし、小湊鉄道に乗る側にとっても、今年はどこに何が咲いているのか楽しみになります。

さて、昨日撮影したソバのお花畑ですが、休耕田の真前が住宅地なので、撮影にはちょっと工夫が必要。

でもいっそ住宅も風景の一部として撮影しても良いのではと思い、何枚か住宅を入れて撮影してみました。

キハ200

国分寺方面に向かって丘になっているので、住宅が段々になっていますね。

区画整理されている住宅地なので、整列しているようにも見えます。

この新興住宅地の人達が地主さんから休耕田を貸してもらい、作物を作ったりしているそうです。

キハ200

おかげで、小湊鉄道沿線が、セイタカアワダチソウだらけにならずにすんでいるわけですね。

聞けば、この辺りは休耕田が多くて、ほうっておけば草ぼうぼうになってしまうとか。

地主さんも、せっかくの耕地なので、貸してくださいと頼まれれば無料で貸してくれることもあるそうです。

キハ200

問題は、住宅よりも道。

線路と平行して走っている道はトラックが多く通るため、トラックが通ると列車よりも目立ってまうところが難点かな・・・

車を消すテストとして、流し撮りを試みましたが、天気が良すぎて流せない・・・NDフィルターが必要でした。

ひと通り撮影を終えて、上総村上駅まで戻る途中、あちこち寄り道しました。

プーさん

そこで見つけたのがこのプーさん。

畑の番人???

遠くに見えるピンクがお花畑で、この辺りが花を植えてくれた方の畑です。

市原は意外に知られていないんですが、梨の生産地、安いし大きいし甘い梨です。

今はイチジクの収穫期、房の駅や道の途中の小屋掛けで売っていて、これも美味しい。

それにしてもプーさんを置くとは、これ列車から見えていたんでしょうか???

踏みきり

遊び心一杯の近隣住民の方たち。

小湊から何かしてくれと言われたわけでもないでしょうが、小湊鉄道を利用する人を楽しませようと努力してくれています。

だから、毎年いろいろ気になって仕方ないと言う話をしたら、気にしてくれる人がいると花も植えがいがあるということでした。

こうしてぶらぶら時間をかけて上総村上駅まで戻りました。

駅近くまで来ると、頭上でまずスズメが鳴き、ジジュウカラが鳴き、ヒヨドリが鳴いて、最後にハクセキレイがさえずりました。

しかし、聞いていて何か変・・・・風邪でもひいているかのように鳴き声が中途半端です。

頭上を見ると、一羽のモズが・・・モズが鳴き真似していたんですね。

芙蓉

昨年も同じような鳴き真似を聞いたので、どうも上総村上駅周辺を縄張りにするモズは、この時期鳴き真似をするようです。

立派な隈取りがある雄のモズなので、もし上総村上まで行くことがあったら、モズを探してみると面白いかも・・・・・