台風一過の夕焼け空

台風一過の夕焼け空

今回の台風は、国内に様々な被害をもたらしましたね。

以前よく遊びに行った渡月橋が、今にも濁流に流されそうになっているニュース映像を見て愕然としました。

千葉市内は、ほとんど風だけで雨はさほど降っていません。

しかもコンクリートの建物内にいたため、風の音も聞こえず、本当に台風がきているのかしら?と窓を開けて確認しました。

国道を見ると、様々なものが 空中を舞っていたので、これでは外を歩くのは危険だと判断し、結局撮影には行かず・・・・

JRは止まっていましたが、京成と千葉モノレールは運行していましたけどね。

こうなると、明日からの貨物のルーティンが全く分からなくなりました。

一体何が蘇我にやって来るのやら、楽しみと言えば楽しみですが、不安もあり。

本当に色々と大変な一日でした。

この台風のせいで、撮影に行けなくなったので、今回の更新は、いすみ鉄道に行った帰りに撮影した小湊鉄道のキハ200です。

大多喜から市原へ向かう大多喜街道の297号線は、上総牛久から馬立にかけて線路とぴったり並行して走っています。

運が良ければ、車の横をキハ200が駆け抜けて行ってくれるわけで、今回はその幸運に恵まれました。

小湊鉄道キハ200

バックミラーにキハ200の姿が見えたので、バッグから慌ててカメラを取り出し、シートベルトを思いっきり伸ばしました。

乗っていると、なんてのどかな風景の中をのんびり走って行くんだろうと、旅情たっぷりのキハ200ですが、いざ並行して走ってみると速い速い。

あっという間に追いつかれました。

小湊鉄道キハ200

ほぼ真横ですが、運悪くちょうど電線と被り。

撮影したこの場所は、馬立駅から20分くらい歩いた場所で、以前撮影のためにここまで来たことがありました。

キハ200の向こう側からは、この国道と車の姿を消すことができる場所が数か所あるので、そこで撮影するか、姿勢を低くすれば、車も道も消せます。

小湊鉄道キハ200

あっという間に追い越されてしまいました。

キハ200はこのままカーブして、馬立駅方面に向かいます。

途中、大きな柿の木や、キバナコスモスの茂みなどの撮影ポイントを抜けていきます。

ねぎ畑の中も抜けていきますから、散歩しがてら撮影するのも楽しい。

あっという間の撮影でしたが、こんな幸運にはなかなか出会うそうで出会えないので良かったですね。

さて、今日は午後遅くから晴れました。

夕飯の支度をしていると、部屋の中がなんだか奇妙な色に染まって来たので、カメラを持って外へ。

夕焼け

西の空はこんな色になってました。

かなりアンダーにして撮影して、ようやく見た目に近い色になりましたが、とにかく気持ち悪い・・・・

草木も、壁も道もなにもかも、この色に染まってました。

明日はピーカンになりそうなので、どこかに出かけたいですね。