ローカル線の駅舎が好き

ローカル線の駅舎が好き

ローカル線に出かけると、列車に乗ることも楽しいけれど、個性ある駅舎を見ることも楽しいです。小湊鉄道の古い駅舎は大正時代に建てられたもので、木枠の窓、傷が目立つラッチ、木製ベンチなど、ほとんど手が加えられずに残っています。

そんな古い駅舎を今もきれいに残して使ってくれている小湊鉄道に感謝です。

スポンサードリンク

平日、上総村上駅で改札業務を代行してくれる駅近くの方から、上総村上の駅舎は大正6年築と聞きました。

海士有木、上総山田、馬立、上総牛久、 上総鶴舞、里見、養老渓谷も、上総村上と同じような様式の駅舎なので、同じくらいの年代に建てられたのでしょう。

もうすぐ100年ですか・・・

上総村上

大正6年築の上総村上駅、残念なことに前のラッチが壊れてしまい、赤茶けた色が目立つ新しいラッチに交換されました。

しかし、評判がよくないので、昔のラッチの色に塗り替えるそうです。

海士有木

海士有木駅、時々人がいるのか、駅長室の電気が点いていました。

海士有木駅近辺は大きな屋敷が多く、昔からこの辺りに住んでいる人が多そうです。お城もあった土地ですから、相当古い時代から開けていたのでしょう。

馬立

馬立駅、奥に建つ物置の中に、レールバイクが置いてありました。

大多喜街道沿いには、新しい家が目立ちますが、細い路地を奥に進むと、古い家屋が並びます。

鎌倉時代には、この辺りに馬の市がたっていたので馬立という名前が付いたようです。鎌倉と言えば源頼朝、頼朝の快進撃は千葉から始まったので、鎌倉とは無縁ではありません。

小湊鉄道の駅を訪ねたら、駅表示の看板にも目がいきます。駅表示はほとんどが手書きなので、とっても味があるのです。

今計画しているのは、小湊鉄道の廃線跡へ行くこと、里見砂利山線、別名万田野線です。

里見砂利山線の情報については、小湊鉄道のホームページを参照できます。

廃線跡という言葉に惹かれますね。

スポンサードリンク