赤い鉄橋と菜の花 小湊鉄道

赤い鉄橋と菜の花 小湊鉄道

いつもいつも馬立には撮影に行くだけではなくて、実はお寺さんに用事があったりもします。

今日はお寺さんに用事あったので撮影も兼ねて馬立へ、天気予報通り春めいた陽気・・・とはちょっと違って、風が冷たくて肌寒い感じでした。

菜の花の満開はまだまだ先なので、列車に乗り込む人も少なめ、でも10日も経てば、きっと人で一杯になるでしょう。

お寺さんの用事はすぐに片付くのですが、お寺へは馬立駅からはかなり歩くので、用事より、まずはたて続けにやって来る列車の撮影を優先しました。

キハ200

数日間気温が上がっただけで、菜の花はかなり成長、さらに梅の花は満開状態、これにはびっくりしました。

沿線のあちこちに梅の花は良く見られますが、きれいな梅の木は、たいてい民家の庭にあったりします。

せっかくなので、菜の花の撮影後、ぼちぼちとお寺さん方面へ歩いて行きがてら、新規撮影地を探索。

キハ200

いつもより、ちょっとだけ余分に歩いていたら、赤いミニ鉄橋を見つけました。

こうしたミニ鉄橋は、小湊鉄道にはたくさんありますが、馬立で見つけたのは初めてです。

こんなところに鉄橋があるなんて、列車に乗っていても分からないものですね。

そういえば、この辺りでシメやイソシギを見かけました。

シメは図鑑に太っていると書かれているけれど、もっと特徴があるのは顔、覆面をした怪しい顔つきです。

また見られるといいけど・・・・

キハ200

田んぼの畦にはイヌフグリとペンペン草が一杯、イヌフグリとツーショットは無理だったので、ペンペン草とツーショットにしてみました。

上下列車を見送って、お寺さんへ歩く途中には、つがいのモズがいて、仲良く餌獲りをしています。

この辺りで繁殖しているんですね。

モズは、隈取りが薄い雌のほうがかわいい、それに人が近づいても平気なのは雌のほうです。

モズを観察した後、てくてくと坂を上り降りしてお寺に着くと、ささっと用事を済ませて駅へ戻りました。

キハ200

上総牛久発の上り列車の乗り遅れたので、上総中野発に乗ることに。

今の時期はほとんどが一両編成なので、いやーな予感がしましたが、案の定学生で満員です。

この時間は混み合うんですね・・・なら2両編成にしてほしい。

3月16日からのダイヤ改正で、小湊鉄道もかなり変更がありました。

上総中野行きの本数が増えて、いすみ鉄道との連絡も少し良くなったようです。

なんか、平日と休日の五井発の時間がかなり違う・・・

新しい小湊鉄道の平日の時刻表はこちらです。

休日の時刻表はこちらです。