ど根性クコと海士有木駅周辺

ど根性クコと海士有木駅周辺

昨日の小湊鉄道撮影の目的は富士山と新規撮影地の開拓でしたが、他のものに目をとられてしまい、あまり新規開拓というわけにはいきませんでした。

富士山は、上総村上から上総三又までの区間で、高台さえあれば何とか見えそうですが、撮影は朝9時台までに終了したほうが良さそうです。

それに夕方、太陽は富士山の向こうに沈むので、富士山がきれいなシルエットになるでしょう。

でも肝心なのは、空気中に水蒸気が少ない晴天であること、意外に富士の裾野辺りから煙ってきて隠れてしまうんですね。

静岡県が晴れていることも大事な条件、静岡県側が晴れていないと富士山は見えないかと思われます。

昨日は、あちこちで野焼きをしていたものだから、下はかなり煙った感じになっていました。

それでも、ぎりぎり富士山が見えたのは良かった、せっかく撮影に出かけて空振りだと残念。

工業地帯とキハ200

海士有木近辺だと、高台でなくても富士山は見えますが、手前にいっぱい障害物あり。

そうなるとやはり高台頼みになるのですが、次回富士山ポイントに行ったおりには、下のラーメン屋さんに入りたいですね。

お昼前だというのに、車が次から次へと駐車場に入っているのを見かけたので、美味しいみたいです。

一軒おいた先のラーメン屋さんはどうなんでしょう???美味しいのかな????

クコ

上総村上方面から海士有木方面に歩いていると、線路わきの電線カバーの中から生えたクコを発見。

クコだと思うんですが、違うかな?????

黄色のカバーの中から生えていたんですよ、ど根性クコですね。

キハ200

海士有木駅周辺だと、いつも大宮神社の方へ歩いて行って撮影していたんですが、ちょっと視点を変えるだけで、駅周りにもたくさん撮影場所があるようでした。

この踏切は、富士山ポイントへ行くための大多喜街道の踏み切。

手前に第4種の踏み切がありますが、ここは雨の日には足下がドロドロで、歩くのがちょっと怖いです。

列車交換海士有木駅でのタブレットなしの列車交換。

以前は、委託の駅員さんがホームに出ていましたね。

海士有木の駅員さんも良い人でした。

上総村上からも海士有木からも馬立からも駅員さんがいなくなってしまい、やはり寂しい感じです。

駅員さんがいてくれると、硬券切符やちょっと変わった切符を買えたんですよね。

キハ200

菊や色々な花を駅近くの畑で育てているお父さん。

以前一度会って、立ち話をしたことがありますが、そのときは、何処から撮影すると綺麗に撮れるとか、色々なことを教えてもらいました。

また会って色々話したいですけど、こればかりは運・・・・・

表示

海士有木ではかつて貨物を取り扱っていたので、側線と貨物用ホームが残っています。

それ以外にも、駅には色々な資材などが転がっていて面白い。

小湊鉄道の駅舎のほとんどは大成建設が建てたもので、大正時代の建屋が今も残るのは小湊鉄道だけだそうです。

白いおなじみの駅舎ですね。

これからもずっと大事にしていきたい鉄道駅舎です。

さて、明日は早起きする予定なのでもう寝ます。