冬空と春の足音 小湊鉄道 上総川間

冬空と春の足音 小湊鉄道 上総川間

最近は、ずっと成田団臨ばかりを追いかけていたので、久しぶりにローカル線に乗りたくなって、小湊鉄道の上総川間へ出かけました。

明日は、爆弾低気圧が日本列島にやって来るということですが、今日は陽気も良く、でも、もしかしたら寒いかもと身構えてすごい厚着をしたため、途中でダウンコートを脱いでしまいました。

まず、五井駅に行く前に、乗り換え駅の蘇我でしばらくまって、今日も209系ラッピング車両を撮影、今日は大勢乗っていましたね。

五井駅に着いて乗りこんだのは上総牛久行き、目的地は上総川間ですが、上総牛久で降りて上総川間まで歩きます。

自分が上総中野行きに乗ってしまうと、その列車は撮影できないので、上総牛久から上総川間まで歩くのがベター。

この駅間は距離が短いので、20分から30分くらいで上総川間に到着します。

キハ200

こうすると、余裕で2往復撮影が可能。

紅葉とクリスマスが過ぎた今頃は、小湊鉄道の乗客も、ちょっと一休みといった感じ、列車は混んでいません。

上総川間

田んぼと山だけの上総川間周辺、里山風景のなか、すでに春の準備のため、田おこしが始まっていました。

上総川間は、以前と比べて随分きれいになりましたね、ホームも新しくなり、駅舎も塗りかえられました。

それに、簡易式とはいえ、トイレができていたことにもびっくり。できれば、自販機もあるといいけど・・・

キハ200

人の乗り降りがちょっと少なくなった今こそが、まさに撮影シーズン、というのも、車両が増結されずに、一両編成で走ってくれることが多いからです。

キハ200

昨年、地元のボランティアの方が、沿線に菜の花の種を蒔いてくれたおかげで、あちこち菜の花が芽を出して、青々とした葉を広げ始めています。

今年も、小湊鉄道沿線は、きれいな菜の花の黄色に染るでしょう。

上総川間やはり、房総は暖かいのかな??

日当たりの良い民家の庭先にある椿のつぼみが、大きく膨らんでいます。

春の花

線路際の、菜の花の中に、数本こんな花を見つけました。

菜の花ではなさそうですが、かわいらしい黄色の花をつけています。

可愛い花が咲いている一方で、この日は駅裏のバケツの水が凍っていたし、近くの神社の境内には、霜柱が立っていました。

春はまだ遠いかも、でも少しずつ、近づいているように感じました。