旧国鉄飯田線電車・小湊鉄道キハ5800公開イベント・外観

旧国鉄飯田線電車・小湊鉄道キハ5800公開イベント・外観

この日曜日に、いつも小湊鉄道の検修庫の奥で眠っているキハ5800の公開イベントがありました。

小湊鉄道は御馴染みさんなので、ハズより先に家を出て現地で待ち合わせ。

会場の入り口が良くわかりませんでしたけど、何とか辿り着くとすでに長蛇の列ができています。

限定の入場券の販売もあるし、これくらいは並ぶかな???などど思っていましたが、列はその後もずっと長く長く伸びていたようです。

このキハ5800はもともと旧国鉄飯田線で走っていたそうで、その時は電車。

この電車を小湊鉄道で使用するにあたって、クハからキハに変更されました。

最近話題になっている飯田線は、元は三信鉄道などのいくつかの民間鉄道会社の路線でしたが、戦前に国有化。

その後国鉄になり、今はJR東海ですね。

電車をわざわざ気動車に変更するのは、結構大変だったりして・・・・

台車をただ替えるだけでなく、シートとか連結器も変更されたようです。

検修庫のキハ5800形

いつもこの検修庫の奥に留置されていますが、外からは見えませんでした。

キハ5800形公開

内部も公開され、入ることができました。

乗り込み用の木製階段は手つくり。

内部の様子はまだあとで。

バックライト

東京日本車両、昭和35年改造とあります。

塗装は剥がれてボロボロですね。

キハ200とキハ5800

キハ5800はキハ200に引かれて、久しぶりにお天道様の下に出てきました。

といっても、曇り空でしたけど。

屋外展示は、予定では11時と14時でしたが、臨時で少し早目に一回目の展示がおこなわれました。

キハ5800とキハ200連結

連結の種類については詳しくないので・・・・

貨車も連結できるよう改造したということでした。

キハ5800HM無し

臨時の屋外展示ではヘッドマークがはありません。

そのおかげで、両方の顔がしっかり見られたわけですが、ボロボロ・・・

頭のヘッドライトも、キハ200に合わせて2灯にしたそうです。

キハ5800屋外公開

反対側から見ても同じ。

クラウドファンディングで資金を集めて、塗装し直して展示したらよいのに・・・

小湊鉄道キハ5800

サボのサービス。

クハの時も5800だったので、クハ5800からキハ5800に変わっただけなんですね。

元国鉄飯田線の電車HM

予定時間の公開では、ちゃんとヘッドマークが付いていました。

車齢72年

キハ5800形の旅

元、国鉄飯田線の電車

1986.4.20

このツァー??から30年ですか。

1986年だったら、国鉄解体の前年です。

数奇な運命をたどったキハ5800形ですが、こうして小湊鉄道で保管されていてよかったなとも思います。

このツァーに参加した人や、このキハ5800形に乗ったことがある人もイベントに来ていたんでしょう。

きっとすごく懐かしかったでしょうね。