晩秋の小湊鉄道キハ200と旧久留里線キハ30

晩秋の小湊鉄道キハ200と旧久留里線キハ30

ネットで色々調べていたら、ずいぶん古い記事になりますが、起業家に向いている人向いていない人という記事を見つけました。

それによると、起業家に向いているのは知能IQが高い人より実践的IQが高い人だそうです。

実践的IQというのは、経験から学んだことを生かせる人だそうで、ノウハウだけでなくビジネスにおける常識も持ち合わせている人、大人なんですね。

それなら、なんとなくわかる気がします。

知能IQでばっさり足きりする企業というのも知ってますが、そんな高IQの人と組織内で仕事をする限りはとっても楽ちん。

さわりを話しただけで内容をすっかり理解してくれるので、説明する手間が省けます。

でも、相手にボールを渡したつもりがすぐに返事がかえってくるので、なんだかいつも自分ばかりが仕事をしているような気分になります。

でも、時々、投げたボールがなかなか戻らないと、してやったりと思ったりします。

自分の感覚では、高IQの人はナルシストで年齢の割に幼い人が多いという印象でした。

のみ込みが早くて、記憶力が良くて、マルチタスクではあるけれど、起業家のような対人ビジネスとなるとちょっと勝手が違うということでしょうか。

頭が良いのに年の割に幼いというのは、仕事以外では扱いに困るという事でもあります。

さて、今年最後となるかどうか・・・・

これは最後のタコめしを買いに国吉まで行くことにしました。

その前に、川間に立ち寄ってちょっと撮影。

晩秋のキハ200

色褪せた紅葉が残る雑木林を背景に、キハ200が牛久方面から走ってきます。

踏切をツーショット・・・でもガードレールを忘れてました。

川間駅とキハ200

まだクリスマス・デコレーションが残る川間駅とキハ200。

冬らしいすっきりとした青空でした。

久留里線キハ30

大多喜街道は、途中途中のお店の入口でスタック・・・・

混雑しているのかしていないのか、分からないような進み具合でした。

国吉まで来て、タコめしを買って、久留里線キハ30も撮影。

塗装が剥げかかってますねえ。

猫たちは、全然人懐っこくなくて、昔いたクロとは違い、下手に手を出すとひっかかれます。

ムーミンショップ

来年3月で閉店するお店。

ムーミンの使用更新もなんだか危ないカモ。

それよりも社長交代でやる気が失せたように見える職員さんのほうがちょっと心配ですね。

新しい社長さんは地元千葉の人ではないので、失敗したら、さっさと四国に帰ればよいだけのこと。

赤とんぼ

北は吹雪だったようですが、このあたりはぽかぽか陽気で、赤とんぼがいました。

タコめしの販売はしばらく続くそうなので、また買いに来ようっと。

今度の社長さんが、いすみ鉄道のゴーンにならないことを祈るばかりですね。