田んぼと里山 DB4トロッコ列車が行く

田んぼと里山 DB4トロッコ列車が行く

忙しくて・・・・

ニュースを読んでいたら、崙書房が解散するということでした。

崙書房にはずいぶんお世話になりまして。

まだまだほしい本があるんですが、この先新書が出なくなってしまうのは残念。

会社は流山駅近くにあります。

千葉、茨城地域の本は、この論書房さんに頼ってましたから、本当に残念。

販売されているうちに、ほしいタイトルは買っておかないとだめですね。

論書房さんからは小湊鉄道の本をはじめ、鉄道関係の本も出版されてます。

で、今回も小湊鉄道。

何週かおきに小湊鉄道では五井駅構内の見学と回送トロッコに乗れるというイベントをやっているので、そのトロッコを撮影するため沿線へ。

田園地帯とキハ200

回送は牛久までなので、海士有木と上総三又の間の田園地帯に。

キハ200で場所を決めます。

このあたりには昔有木氏が住んでいたようですね。

少し五井に戻った上総村上には、村上氏が信州から移り住み、諏訪神社などを建てました。

その村上氏の名前が地名に、有木もそうですね。

ここは里見氏、北条氏、千葉氏、武田氏と、武将たちの陣取り合戦の舞台でした。

田園とトロッコ列車

DB4型機関車が牽くトロッコも来ました。

回送トロッコには限定人数しか乗れないので、乗っている人はわずか。

トロッコを見送って、次の撮影地へ。

上総大久保駅とキハ200

ものすごく久しぶりに上総大久保まで来ました。

白鳥小学校は廃校になり、校庭は荒れ果て、坂道と階段も雑草に覆われています。

上総大久保駅

子供たちが守ってくれた上総大久保駅には、まだ当時の面影があります。

子供達の元気な声が消えてしまうと、寂しい限りですね。

上総大久保駅とトロッコ列車

上総牛久からトロッコも追いついてきました。

ちょうど、木々の花が咲く季節。

緑が濃くなってきた大木と、上総大久保に停車するDB4形機関車にトロッコです。

小湊鉄道DB4形機関車

この次は終点の養老渓谷駅。

しばらく国道から離れて走りますね。

里山とトロッコ列車

養老渓谷から戻るトロッコをしばらく待ちます。

このあたり、以前は休耕田などほとんどなかったんですが、今はほとんどが休耕田。

数枚水田になっている田圃があって、そのうちの一枚で何とか水鏡。

築堤の草がきれいに刈られていたんで、ちょっと見栄えが・・・・

で、撮影は終了。

美しい地域なんですが、空き家も目立ってきてました。