小湊鉄道 キハ200 と 彼岸花

小湊鉄道 キハ200 と 彼岸花

最近、小湊鉄道にばかり乗っているような気がします。しかし、近くに、こんな魅力的なローカル線が走っていれば、乗らないわけにはいきません。

ということで、小湊鉄道の超有名彼岸花撮影地に行って来ました。台風の影響を少しだけ心配しましたが、風もなく、ただ空はすっきり青空ではありませんでした。

スポンサードリンク

場所は、養老渓谷駅から上総大久保方面に歩いて十数分の石神地区、列車の窓から見ると、ちょっと咲きが甘いかなと思いましたが、いくつか群生して咲いているのを確認できたので、とりあえず歩いて行くことにしました。

キハ200

上総中野方面から来たキハ200、一両編成がよかったけれど、今日は3両編成ばかりでした。

それというのも、菜の花の種をまこうという企画があって、その日に当たったため、列車は滅茶混み、平日の方がよかったかも・・・・

彼岸花

上総大久保方面からのキハ200、手前の彼岸花の、その奥の花が咲いていればよかったのに、満開まではあと数日かかりそう、そうなると、手前の花が終わってしまうという悪循環、しょうがないですね。

空がもう少し青かったら、空も入れて撮影できましたが、台風のせいか雲多し。

神社

およそ1時間40分に一本の列車を撮影するため、暑い中じっと彼岸花の中で待っていましたが、同じ絵ズラもつまらないと思い、目の前の神社の階段を上がって見ました。

こしてみると、一体どこに彼岸花が咲いているのかと思いますが、列車の先頭辺りが群生地です。

斜面になっているので、神社の上からはあまり彼岸花が見えませんでした。

撮影はこれで終わり、長い間滞在した割に、撮影できる列車の本数が少ないことが難点、せめて1時間に1本列車があれば、撮影も行き帰りも楽なんです。

タブレット

さて、行きも帰りも上総牛久を通りますが、この上総牛久ではタブレット交換をします。

久留里線のタブレット交換が終わってしまったので、房総でタブレット交換するのは、この小湊鉄道と銚子電鉄だけ、ドアノックみたいなタブレットは、この小湊鉄道でしか交換されません。

しかし、いすみ鉄道がタブレット交換を始める予定なので、これでまた撮影の楽しみが増えます。よかったよかった。

スポンサードリンク