何もいない駅とバスで行く小湊鉄道

何もいない駅とバスで行く小湊鉄道

一夜あけて、台風の影響がそこここに出ていると実感しました。

昨夜調べものをしていて、今日は上総牛久に行こう決めたので、朝、京葉線に乗ろうとしたら、京葉線は昨日の台風の影響で遅れ。

蘇我駅で内房線に乗りかえようとしたら、館山行きが佐貫町行きに変更・・・・・

五井駅で小湊鉄道に乗ろうとしたら、光風台までしか運行せず・・・・・

馬立と上総牛久間、里見と上総中野間は代行バス。

代行バスは小湊鉄道の通常切符で乗れるので、一応上総牛久まで行くことにしました。

いつものように、やりたさんでお弁当を買いこんで2両編成の光風台行きに乗り込みました。

しかし、なんか変・・・・上総山田で列車交換し、光風台へ。

光風台からは小湊バスで上総牛久へ、切符一枚で列車とバスの両方に乗れるなんて、ちょっとお得だったかも???

で、上総牛久に到着すると、駅構内にキハ200が溢れてる・・・

馬立駅近くと、場所は分からないのですが里見の先で土砂の流出などがあったようです。

そのため五井に戻れなくなったキハ200が上総牛久駅に置かれていました。

保線員

上総牛久駅全体を撮影しようと駅から踏切方面に歩いていると、里見方面から保線員さんとレールを乗せたレールバイクが通過。

何人か馬立で見かけたことがある保線員さんが乗っています。

馬立よりも里見方面のほうが被害が甚大で、復旧までには時間がかかるということでした。

上総牛久駅

上総牛久駅には9両ほどのキハ200が停車しています。

燃料補給が五井駅でしか行えないので、燃料切れしないように順番に運行中。

小湊鉄道では、代行バスの時間と臨時列車のダイヤを印刷して乗客に配ってくれたので、30分後に上総川間を通過するキハ200を撮影しようと、ここから上総川間まで歩きました。

上総川間

上総牛久から里見までは、かなり間引き運転されるため不便そう。

この列車の後の下りも、1時間半ほど後に上総牛久を出発します。

列車とバスを乗り継がないと養老渓谷や上総中野まで行けないし、行ったら行ったで帰りの列車の本数も少ないしで、しばらくは里見から先へ行くのはちょっと困難そうですね。

上総川間

昨日は、千葉市内でも300ミリ以上の雨が降って、市内のあちこちで冠水していました。

小湊沿線の田んぼは、田植え前のように水が入っているし、畔も水浸し。

歩くと水音がして、足元が不安定でした。

キハ200が行ってしまったので、上総牛久方面へ引き返しましたが、帰りのバスまで時間があったので、養老川の様子を見に行くことにしました。

川両岸は、かなりの高さまで水がきたのでしょう、線を引いたように泥の跡がくっきり残っています。

川沿いの住民には避難警報が出ていたし、近くには庭先が崩れている家もありました。

キハ200

上総牛久駅に戻ると、じき里見行きの下り列車が発車するので、駅近くで待機。

サボは全て五井~上総牛久です。

サボも変更しようがないので、しょうがないですね。

この下り列車をずっと待っていたお客さんと県立市原高校の生徒さんが大勢乗りこんで、キハ200は里見駅に向けて出発していきました。

しばらくして、光風台行きの代行バスが来たので、それに乗って光風台へ。

光風台では待たずして五井行きの列車にのることができました。

そういえば、バスに乗っている途中、馬立のセブンイレブンが閉店していることに気が付きました。

こりゃ不便になりましたね・・・・・

帰りも上総山田で列車交換し、五井駅に無事到着。

五井駅

五井駅はこんなふう・・・・

運行可能な車両がいません。

写真を撮影していると、小湊の社員さんが来て、こんな五井駅の風景は珍しいと話してくれました。

昨日、五井駅に残ったのはキハ200が4両だけ。

それで、今日は2両ずつ2編成で運行しているということでした。

馬立近くはあと1時間で復旧完了、でも里見方面はまだわからないということです。

早く復旧してほしいですが、こればかりはどうしようもないですね。

車両がすっかり出払った五井駅構内では、皆さんが草むしりしていました。

帰宅しようと乗り込んだ内房線は、まだ佐貫~浜金谷間が不通。

千葉機関区はどうなっているかなと車窓から見たら、機関車が一機もいませんでした。

久留里線も今日は一日復旧せず・・・・いつになったら通常ダイヤに戻るのか分からない状態ですね。