ローカル線撮影の時に欲しいカメラバッグ

ローカル線撮影の時に欲しいカメラバッグ

ローカル線を撮影するときは、たいてい一眼レフなんですが、時々ミラーレスも欲しいという場面に遭遇します。

例えば、ゆっくり発車して行く列車を、花や緑越しに撮影したり、駅舎を撮影したりするときですね。

一眼レフよりもミラーレの方がやさしい感じに撮影できるので、できれば一眼レフもミラーレスも持って出たい・・・

でも、特大サイズのカメラバッグはごついものが多くて使いたくないし、今カメラ用に使っているヴェラ・ブラッドリーのマザーズバッグは強度に不安があります。

あまり粗雑にカメラを扱いたくないので、間口が大きくて高さも深さも幅もあり、しかも丈夫なカメラバッグを探していますが、全然見つからない・・・・

撮影に行った際、周囲の人のカメラバッグを観察しますが、ドンケとか多いんですね。

ドンケは使いやすいし、今でも出番は多いのですが、なんだか男性的で服装を選びます。

自宅には無地のカメラバッグばかりコレクションされているので、できれば柄モノが欲しい。

走るタブレット

以前、プロの女性カメラマンがプラダのバッグをカメラ用に使っているのを見て、試しにブランドバッグをカメラ用にしたら、これが使いにくい。

ブランドバッグって、ポケットの数が少ないものだから、カメラ用バッグとは別に、お財布用の小振りなバッグも持つ必要があるんです。

これはめんどくさい・・・

里見駅

ヴェラ・ブラッドリーのバッグをカメラ用に使っている人も見かけたことがありますが、ミラーレスだけなら十分、柄も色々あって集めるのも楽しいです。

ただ、一眼レフのボディとレンズ2本を入れると、持ち手の強度に不安があり、レンズは一本にしてしまいますね。

銀杏とキハ200

最近、男の人が綺麗なトートバッグに一眼レフを入れているのを見て、PC用のトートバッグを使ってみるのも良いかもと思うようになりました。

カメラ用のトートバッグは持っていて使っていますが、ポケットが少なくてバッグの中で小物が暴れます。

それで、結局ポーチを多用してバッグの中を片付けている感じなので、出し入れが不便。

内側にせめて4つくらいポケットがないとだめですね。

踏み切

形は横長で、外にオープンポケットが3つ、ファスナー付きが1つ、内側にもポケットが4つはないと使いにくいです。

クッション材を入れることを考えると、幅は15センチ以上。

横は45センチ、高さが30センチはないと、カメラ本体にレンズを装着して入れたとき、フードが見えてしまいます。

キハ200

う~ん、なかなかないですね。

楽天の優勝セールのとき、一生懸命バッグを探してみたんですが、どうもピンとくる物がない・・・・

ブランドも色々見ましたが、本革なんて堅くて使いたくないし。

やはり、メーカー既製品のごついバッグしかないのかな????

いつも思うんですが、バッグをデザインする人って、そのバッグに実際にカメラとかお財布とか小物を入れて、一日中、外に撮影に行ったことがあるんでしょうか。

カメラバッグの中って、すごい沢山のものが入っているはずで、例えば、カメラ本体、レンズ、レンズ拭き、バッテリーやメディアの予備、傘、お財布、ハンカチやウェットティッシュなど。

他にスイカ、ケータイ、ペン、手帳、時刻表、お菓子などの非常用食料、ペットボトル、折りたたみのショッピングバッグも入ってます。

細々したものはポーチに入れてまとめるとしても、やはりポケットは必要ですね。

ペットボトルが入る外ポケットは必需品なのだ。

それに、底に板が入っている方が安定します。

2万円以内でどこかに理想のバッグが売っていないかな・・・・・