初秋の小湊鉄道沿線

初秋の小湊鉄道沿線

先日いすみ鉄道を撮影したおり、上総中野駅で小湊鉄道のキハ200を目撃したとたん、小湊鉄道を撮影しに行こうと決めていました。

でも、今朝は早起きできなくて、乗りたかった上総中野行きを逃したため、次の上総牛久行きに乗ることに。

予定外でしたが、これはこれで楽しいかなと思い、慣れた土地の馬立で降りることにしました。

馬立に到着するまでの間ずっと車窓を眺めていると、広大なお花畑を発見、次回はそのお花畑を撮影することにして、今回は牛久~馬立間をメインに撮影することしました。

馬立駅には保線用の用具が置いてある小屋や倉庫があるのですが、普段は閉まっている扉が今日は開いていました。

レールバイクも見あたらず、どうやら保線に出かけていたようです。

小屋の様子を撮影していると、遠くに赤いものを発見、まだ彼岸花が満開で、びっくりしました。

彼岸花とキハ200

以前とは場所は違っていましたが、まさに今ここが満開。

意外に長い期間楽しめる花ですね。

とはいえ、今日は上総牛久方面に歩く予定だし、あまり彼岸花で撮影しても同じ写真を量産するばかり。

さっさと離れて次の場所に向かいます。

キハ200

牛久側ではなく、光風台側の踏切を渡って歩いていると、いきなり踏切の警報機が鳴りだしたので、あわててその場で撮影地を探しました。

赤い実がたわわになっている木を見つけて待っていると、キハ200が通過。

この実は食べられるんでしょうか????

ともかく無事キハ200が通過して、また牛久方面に歩きだしました。

この時間帯は意外に通過が多いので、ゆっくりしていると列車を逃がしてしまいます。

キハ200

さほど駅から遠くない場所まで来ると、また踏切が鳴ったので、近くのススキの中に身を置いて撮影。

なんだかバタバタしますね。

全然牛久方面に歩けません。

キハ200

不意をつかれないよう、ちゃんと時刻表を確認すると、またすぐに列車が通過することがわかりました。

それで、畑の中の小道を行き、高台から小湊の線路を見降ろす場所に立つことにします。

線路際にひと束彼岸花が咲いていたので、うまく写るよう高台のヘリに移動。

ちょこっとだけ写りましたね。

この後はしばらく通過がないため、牛久方面へ向かいます。

この先は、線路が大多喜街道と並行して走るので、撮影には向かない場所なんですが、いくつか車をかわせる場所があるので、そこに行くことにしました。

キハ200

ちょうど大多喜街道と線路が分かれる辺りから、馬立方面に向かって線路だけが築堤になっているので車の姿が隠れて撮影オッケー。

茂みもあるのでトラックのような背高の車両も見えません。

ただ、後ろの鉄塔が邪魔ですけどね。

この後は長い時間空くため、水路沿いにどんどん牛久方面に歩きます。

途中、犬に吠えられて立ち止まると、犬の横に猿がいました。

犬猿の仲と言いますが、この犬と猿は仲良しのもよう・・・・

そこからさらに歩くこと20分、どうも車をかわせる場所を見つけることができなさそうなので、犬に吠えられながら引き返します。

それで、近くの高台にある神社に上がることにしました。

田園

神社からはこんな眺め。

見事に電線が空を横切っていますね・・・・

大多喜街道の車をかわせる場所は、ずっとずっと先の方でした。

それなら牛久から歩いたほうが早いかな。

神社

馬立駅で列車交換して牛久へ向かうキハ200は、鳥居とツーショット。

この神社の階段はせまくてかなり急だったので、降りるのはいやだなと思っていたら、裏手に坂道がありました。

おかげで、転げ落ちずに無事下まで降りることができました。

次の牛久発の列車で帰るので、馬立駅へ戻ります。

そういえば、この神社の名前がわからない・・・・何神社だったんでしょう????

調べてみなければ。

明日はいすみ鉄道のドラマの放映日ですね。

見なくっちゃ。