今年はダイナソー・イルミネーション

今年はダイナソー・イルミネーション

今年もクリスマス・イルミネーションの季節がやって来ました。

クリスマスまでは一ヶ月ほどあるけれど、楽しみは長~く続く方が良いので、今年も上総牛久駅のイルミネーションを撮影しに行くことにしました。

昨年は12月に入ってから撮影に行ったため、すでに日が長くなり、イルミネーションがそれなりに綺麗に見えるまでずいぶん牛久駅で待ちました。

それで、今回は早め早めの撮影、16時半過ぎたら曇りというお天気も重なってかなりいい感じ。

気温も晩秋とは思えないくらい高くて撮影日和でした。

夕方五井駅に着くと、ちょうど留置車両に夕陽があたっていてぎらぎら・・・でもすぐに影になってしまいました。

ぎらぎらになる時間も早いので、今の時期、撮影したいときは15時半くらいには五井駅に来ていないとだめそうですね。

さて、イルミネーション列車は平日は午後5時40分発、イルミネーション列車を上総牛久駅で撮影するために先回りします。

牛久駅イルミネーション

上総牛久着き、一旦駅の外に出て、外から駅を撮影しました。

今年は駅の外から見ても、かなり楽しめるようにイルミネーションが工夫されています。

昨年より2番線、3番線のイルミネーションが少し減った分、駅の外側にイルミネーションが施されているため、地元の親子連れが駅外から見学に来ていました。

バス停から撮影するときれいです。

汽車

煙りつき汽車のイルミネーション。

よく出来ていたんですけど、これはもしかしたら手作りかも・・・・・

ダイナソー

今年の上総牛久のクリスマス・イルミネーションのテーマは、ダイナソー????

他にも何頭かダイナソーがいました。

一番気にいったのが、この緑のトリケラトプス。

光るタイミングでシャッターを切るのが難しかったです。

毎度のことながら、三脚なしの撮影だったので結構ブレブレ。

一脚を持ってくれば良かったかもしれない・・・・・。

キハ200とイルミネーション

今日は列車を何本か見送れるように長い間牛久駅に滞在したので、入線してくるキハ200もなんとか撮影できました。

ホームにはかなり人が待っていますが、まだ17時台、学生さんが多かったですね。

列車は、牛久まではほとんど乗客なしの状態で来ますが、牛久でかなり座席が埋まります。

もしかしたら、川間から向こうでも、沢山の人がイルミネーションを楽しんでいるかもしれないかな???

イルミネーション列車

待ちに待ったイルミネーション列車。

本当は、上り列車のほうが上総牛久駅のイルミネーションとは相性が良いのですが、それまで待てないので、下り列車で撮影。

イルミネーション車両には牛久を出てもまだ人が乗っていましたが、後ろの普通車両に乗客はいませんでした。

夜間はほとんど乗る人がいなくなる川間~上総中野間も運行してくれる小湊鉄道、だから撮影のときは必ず切符を買って乗車することにしています。

切符代は、モデル料ですね。

上総牛久までの往復切符を買っていたので、この日も何度か改札を出たり入ったりできました。

上総牛久

あと一ヶ月はこのイルミネーションが楽しめるので、また撮影に来たいと思っています。

しかし、牛久だから三脚なしでキハ200も撮影できるけれど、他のイルミネーション駅は、さすがに三脚なしはきつそう・・・・

列車と絡めて撮影するとしたら、里見か牛久くらいかな?????