小湊鉄道・里山トロッコDB4形と菜の花

小湊鉄道・里山トロッコDB4形と菜の花

天気は悪いし、体調も悪いし・・・・・

家でテレビでも見るべということで、日曜日は本当に何もせずに過ごしたため、更新もしませんでした。

真田丸は、いよいよ真田と家康との対決姿勢が高まってきましたが、特に注目したのが上杉家。

ご存じ吉良家はあの忠臣蔵の敵役ですが、上杉の家とは姻戚関係にあります。

吉良の家系はいまも三河に残っていますし、上杉の家系も残っていますね。

その上杉家は、今でも吉良の命日になると現当主に連絡を入れるとか、謙信、景勝から続く義に厚い家訓が残っているようです。

上杉家は山形へ国替えされたので、米沢というイメージでしょうが、自分は越後というイメージですね。

あとは、なんといっても上杉鷹山、ケネディ大統領が尊敬していたかどうかわかりませんが、米沢藩を立て直した立派な藩主でした。

さて、里山トロッコが小湊鉄道で走り出してから、全然この撮影に行ってなかったので、一度は見てみようと出かけることにしました。

キハ200と菜の花

まずは小湊といえばこのキハ200。

沿線の菜の花はまあまあ・・・・ただ、お庭や城址などの斜面には桜がところどころ咲いていました。

キハ200

沿線は菜の花で黄色くなっていて、相変わらずきれいでした。

お天気が良ければ、もう少し菜の花が発色よく写りましたけど・・・・

里山トロッコと菜の花

走っている里山トロッコを見るのはこれが初めてです。

すごく静かに近づいてくるので、気が付くのが遅くなりました。

せっかく牛久から養老渓谷まで走っているのだから、中で軽食サービスでもあればよいです。

お菓子とお茶くらいでも・・・

DB4形と菜の花

ディーゼルなので多少煙は出ますけど。

それにしても、使ったのがボルボのディーゼルで良かったですね、某メーカーだったら走れなかったかも。

他メーカーは大型用ディーゼル・エンジンは作っていませんが。

クハ101

なんだか玩具箱の列車を大きくしたような感じ。

これからは気候もいいし、あたたかいうちに一度は乗ってみたいかも。

このトロッコが走る日は、やりたさんのお弁当がすぐに売り切れてますね。

お弁当を買いに五井まで行って、これまでに空振り2回でした。