アートな小湊鉄道

アートな小湊鉄道

今週の金曜日からいちはらアート x ミックスが始まります。

そのプレ展示でしょうか???上総久保から先の駅には様々なオブジェクトが展示されています。

よく見ると、小湊鉄道キハ200の車内で読むことが出来るミニストーリーに沿った展示のようでした。

それぞれの展示を堪能するためには、ストーリーのテーマを理解する必要がありそうですが、ストーリーはフェアリーテール、子供のためのおとぎ話のようです。

そして駅ごとのテーマは繋がっているよう・・・・でもまだ全部 読んでいないので、次回は養老渓谷まで乗らないといけませんね。

自分的には、小湊鉄道と沿線そのものがフェアリーテールのような気がします。

これからしばらくの間、里は花とアートに飾られて私たちを楽しませてくれるでしょう。

梅

廃線跡が残る里見駅付近は好きですね。

砂利運搬のトラックが頻繁に行きかう踏切もなんとなく風情があります。

駅長さん

里見駅の駅長さんは、養老渓谷から戻ってくる列車をホームで待ちます。

ずっと一人なので、寂しい感じもしますが、学校が終わると子供たちで賑やかになりますから、それまでの休憩かな???

のんびりとした綺麗な風景です。

アートな里見駅

里見駅のオブジェクト、日差しを受けるとキラキラと光り輝きます。

次回列車に乗ったら、里見駅のお話を読まないといけません。

キハ200アートミックス

この日は、楽器をもった人達を見かけました。

停車しているのは団体貸し切りのキハ200。

乗客はほとんどいません。

アートな高滝駅

里見駅からの帰り、列車が停車したわずかな時間で駅のアートを撮影。

これは高滝駅、テーマは・・・・?????

アートな上総久保駅

ここは上総久保駅。

やっぱりテーマは・・・忘れました。

行きのキハ200は混雑していて、列車の中を動き回ってお話を読むということができませんでした。

そして、帰りのキハ200には、お話がありませんでした。

次回はちゃんとお話の列車に乗って、全部のストーリーをじっくり読みたいです。

菜の花

残念ながら、鶴舞から五井方面の駅にはオブジェがありません。

その代り、こうして花が目を楽しませてくれました。

この日は嵐でたっぷりと里見駅周辺を散策するというわけにはいかなかったので、次は一日里見辺りを歩き回りたいです。

さて、明日は寒くて雨・・・一日家かな?????