進化する京葉線

進化する京葉線

そろそろ年末なので、大掃除に取り掛かってます。

連休中は特に撮影したいものもないし・・・・数日間撮影はサボってお掃除お掃除。

でも、昨日から京葉線でラッピング電車が走っているということで、今日はそのテスト撮影です。

10両編成のラッピングを撮影するとなると、かなり場所が限られてきますが、そんな場所は思いつきません。

それで、近所の港でどんなもんかいなと様子を見ることにしました。

午後も遅い時間でしたが、まだ遊覧船が戻ってきていないため、駐車は多め。

最近は、女性の港湾職員さんの姿も見るようになりました。

それにしても、まさか10両すべて違うラッピングではあるまいと思っていたので、とりあえず先頭から何両か撮影。

E233系506編成

これでパターンがわかったので、今後はさほど撮影場所には困らない感じでした。

それにしても突っ込みどころの多いキャッチフレーズですが、ラテン語っぽい文法なのでこれはこれでよいかも・・・・・

と思いつつ、このラッピング電車が蘇我から戻るのを待つことにしました。

特急わかしお

待っている間に、特急わかしおが通過。

あのキャッチフレーズを、正しい日本語に訳すと、京葉線は、毎日進化し続けます????

EH200-23

などと考えていると、EH200-23も通過。

今日は港に停泊している船が多かったので、海を入れると全体がごちゃっとしましたね。

貨物

やっぱりごちゃごちゃとします。

反対側のふ頭は、ゲートができたため一般車は入れなくなりました。

京葉線ラッピング編成

日没が近くなってきて、段々光が黄色くなってきたところで、ラッピング電車が蘇我から戻ってきました。

これだけ遠いと、ラッピングだかなんだかわかりませんけど。

209系

さらに待つと、209系も蘇我から戻ってきました。

すでに午後4時も過ぎると、あたりは夕焼け、すぐに夕闇になりますね。

祝日なので、道が混雑しているかと用心しましたが、わりとすんなり帰宅できました。

明日からまた通常の撮影に出かけないと・・・・・