京葉線を走る E653系

京葉線を走る E653系

E653系が、舞浜への団臨のため、京葉線を走るので、これを見られる一番近い駅まで行きました。

フレッシュひたちと言えば、勝田や水戸への快適な旅のお伴、色々なカラーがあって、今日は何色に乗れるかなと楽しみになる電車です。

今日も、何色が来るのか楽しみにして待っていましたが、こういう日に限って寒い、新習志野のホームは高架吹き抜け、風を避ける場所もありません。

用事が早く済んだため、E653系の通過時間よりも、ものすごく前に駅についてしまったので、ずっと冷たい風にさらされまくりました。

205系武蔵野線

でも、待っていれば、色々な電車が入線してくるもの、海浜幕張行きのしもうさ号には、久しぶりに出会いました。

205系なんて、なんだかなつかしいな、ほんとはメルヘンが良かったけど、この205系を見るのもすごい久しぶりです。

209系京葉線

結構出会う確立が高い209系の京葉線、色が変わると、内房外房などを走る209系とは別物のように見えます。

EF652050

待っていれば、貨物もやって来る、赤い番号プレートではないEF65を見るのも久しぶりです。

このあと、しばらくして、桃太郎が蘇我から貨物を牽引してきました。

E653系フレッシュひたち

やっと来たE653系、京葉線ではフレッシュひたちとは呼ばないでしょうね。

今まで、何度もE653系が京葉線を走りましたが、撮影したのは今回が初めて、特に違和感はないですね。

新習志野駅のずっと手前から、ものすごーく徐行していて、遠くに姿が見えるものの、ちっとも近づいて来ません。

徐行したままホームまで来て、そのまま2番線に停車しましたが、すぐに千ケヨに入って行きました。

これで寒さの中の撮影は終わり、帰りの電車から千ケヨを見ると、E331系が定位置で止まっていました。