千マリの183系と京成3300形

千マリの183系と京成3300形

一日中強風のため、ダイヤが乱れていたようなので、遠出はちょっと遠慮しました。

千葉モノレールも、突風が吹くと徐行か停止したので、少しつづ定刻より遅れていました。

なんとなく予定より時間がずれながらも何とか用事は済ませて、もうすぐ廃車回送される183系を見に千マリへ行くことにしました。

最初は総武各停に乗ろうと思いましたが、遅れているかもしれないので、京成で幕張本郷へ。

京成の本線はダイヤが乱れていたようですが、千葉線は風の影響がないので、定刻通りのダイヤで運行中です。

寒い外から電車に乗り込むと、ホッとしましたね。

いつもは鷺沼側の陸橋下に留置されている183系が、今は良く見える場所に移動しています。

来週には廃車回送されるので、その準備でしょうか。

良く見える・・・はずだったのですが、真横にどど~んと217系が停車中。

おかげで側面片側は全然見えなくなってました。

183系

でも、架線がかからない場所を選ぶと217系側から撮影するしかないようで・・・・・

ちょうど半分影になってしまっているので、イマイチですね。

奥に停車しているニューなのはなは、この後移動して行きました。

3300形

今日の千マリには、他にめぼしい車両がなかったため、鹿島貨物を待ちましたが来ない・・・・

延方辺りが越えられなかったのかもしれません。

それで、下を通る京成のB53運用を待っていたら、今日は3300形。

せっかくなので、3300形を撮影すべく検見川へ行くことにします。

3300形

ちょうど月が昇り始めていたので、月も一緒に撮影できる場所を探し、以前撮影したことがあるピラカンサの木の下で待つことにしました。

すでに午後3もとうに過ぎると、太陽はかなり西へ傾いて、近くにそびえたつ大木の影が長く伸びています。

なんとか3300形の顔に陽が当たる所でシャッターを切れましたが、月は電線にかかってしまいました。

8800形

次は鉄橋側に移動。

堤防の草は綺麗に刈られていて、通過する電車がすっきり見えます。

試しに新京成の8800形を撮影。

上手くシルエットになりましたが、3300形が津田沼から戻って来る20分後に、太陽がすっかり沈んでしまわないことを祈りました。

8000形

松戸行きの8000形。

日除けを下げていない窓ガラスを抜けて、太陽の光が見えます。

太陽は刻一刻と地平に向かって行くので、早く3300形が来ないかなとちょっと焦りました。

3300形

3300形が通過する頃には、太陽は住宅と住宅の間に入り込み、もう少しで見えなくなるところでした。

顔が判別できるように撮影したつもりですが、良く分からないですね。

この後3300形が戻るのは午後5時前、とても待っていられないので、帰宅することにしました。

公園ではワンコが沢山散歩中。

柴犬とちょっと遊んでから検見川の駅へ戻りました。

京成電車を千葉駅で降りて、買い物をしてから徒歩で帰宅しようとしたら、ちょうど3300形がちはら台から戻ってくる時刻。

それで、踏み切でカメラを出して待ちかまえます。

月

木更津駐屯地へ向かう軍用ヘリの編隊のけたたましい音が響いて消えていくと、ようやく3300形の登場。

月が空高くまで上っていたので、月を入れて撮影。

ヘッドライトしか目立たないので、3300形の存在感が薄い感じもしますが、しょうがないですね。

今日の撮影はこれでおしまい。

寒かった・・・風邪をぶり返しそうでした。