サザンカ水仙3300形

サザンカ水仙3300形

そごうにお肉を買いに行った帰り道、いつものようにちょっとまわり道をして京成千葉線の線路横を歩いていたら、3300形が通過して行きました。

雨が降っていたためカメラを持たずに買い物に出たので、雨が上ったら撮影しようと、お肉を持って帰宅、でも、なかなか雨は止みませんでした。

雨が止んだのは午後の2時前くらい、霧雨だとカメラが濡れ放題なので、持って出られないんですね。

近頃定番撮影地になりつつある花見川の鉄橋に行こうか迷いましたが、みどり台の菜の花も気になったので、電車に乗ってから決めようと、とりあえず駅へ。

3300形

乗ろうとしていた電車の一本前に3300形がやって来ました。反対方向行きなので、駅前でちょっとカメラを向けて4両編成だなと確認。

その後、京成津田沼行きに乗りこんで、ひたすら窓の外を偵察しましたが、みどり台近くの線路際の植物は見事に抜き取られていて、菜の花のなの字もなし。

昨年、青電や赤電、ファイアーオレンジとツーショットした黄色の花畑は、今年は期待できそうもありません。

それで車窓からサザンカが見えたので、稲毛で降りることにしました。

3300形

3300形はほとんど定期運用から外れたそうですが、千葉線は不定期でも3300形が走ってくれます。

昔、6両編成だった3349編成は、3325と3326が抜けて4両編成になっていました。

メジロ

満開が過ぎたサザンカには、メジロのつがいが蜜を吸いに来ていて、ずっと見ていても飽きません。

このメジロがウグイスと勘違いされるんですね。

3300形

春にはソメイヨシノが満開になる稲毛駅近くまで移動、天気が悪いと発色もイマイチの3300形です。

この辺りは変わっていないようで、新しく家が建ったり、震災後、火の見櫓が取り壊されたりと、ちょっとずつ変化がありました。

3500形

3300形を撮影してから反対側にまわり、今日も走っている3500形を待ちます。

水仙が咲いていたので、なんとか絡められないかと、カメラを縦にしたり横にしたりしましたが、これが限界でした。

こうやって時々線路際にたっていると、下校してくる生徒を良く見かけます。

下校時間はや・・・帰宅部が多いのかな??十代で運動していないと、最大骨量が上がらないので、男女とも骨粗鬆症になる確率が上がるそうだけど・・・

なんて心配しながら、駅に向かって歩きます。

3300形

ちょうどやって来たちはら台行きに乗り、千葉方面に。

一駅手前で降りて、ちはら台から戻る3300形を撮影するため、ぶらぶらゆっくり歩きます。

このノーマル塗装の3300形は引退宣告しないで廃車になりそうなので、出会った時には必ず撮影するよう心がけています。

それにしても、昨日は一日机仕事で外に出られなかったので、今日はのびのび~。

明日は暖かくてお天気も良いそうなので、どこかへ出かけたいな・・・と思ってます。