さよならファイアーオレンジ 最後のリバイバルカラー

さよならファイアーオレンジ 最後のリバイバルカラー

千葉市の天気予報によると、午前中は晴れ、午後からは曇りだったので、曇る前になんとか最後のファイアーオレンジの雄姿を撮影しようということで、早朝からいそいそとお出かけ。

線路際に着くと、春らしい煙った朝の光の中からノーマル3300形が登場、早朝ダイヤの3300形なので千葉中央行き、この後は津田沼に戻り休憩する車両でした。

一応、京成電鉄から発表されたファイアーオレンジの時刻表をチェックしてきたのですが、線路際に着いて、カメラも出さないうちに踏切が鳴りだした時には、ちょっと慌てました。

しかし、ファイアーオレンジはちゃんと時刻通りに朝日の中から登場。

ファイアーオレンジ

こんな風に白く煙ってくれると、春っぽくて好きですね。

この後は、またまた花を探して移動、一夜のうちに桜もかなり開花しているのでしょうが、まずは昨日撮影できなかった菜の花を探しました。

今年は、京成電鉄の人が綺麗に線路周りの草木を刈ってしまったので、本当に花が少ないのです。

でも、沿線に住んでいる人に会って話しをしたら、手入れをしてくれている葉の花を撮影しても良いと言ってくださったので、ちょっと私道に入った場所で撮影できました。

ファイアーオレンジ

柵の内側に咲いている菜の花、光が綺麗にあたってくれて良かったです。

お次はやはり桜でしょう。

昨日はあまり花が開いていなかった桜ですが、近所の公園の桜が一夜にして満開になったのを見て、これはいけるかも?と期待しました。

ファイアーオレンジ

満開ではありませんが、昨日よりずいぶん開いた花が多くなっていました。

ソメイヨシノは光が当たらないとピンクに見えないんですね。

ファイアーオレンジ

まだ8分咲きかな???

場所を移動しながら桜のトンネルを見つけて、上手くファイアーオレンジが収まるのを待ちました。

桜の開花がファイアーオレンジ引退に間にあってくれてよかったです。

一通り桜で撮影をして、昨日と同じ鉄橋へゴー。

そろそろ、空には雲が増えてきて、時々陽の光がさえぎられるようになりました。

これはまずい・・・

鉄橋が最後の撮影場所になりそうでした。

ファイアーオレンジ

鉄橋を通過する電車を真横から撮影するのが一番好きなのですが、その構図は昨日撮影したので、今日は別の角度から狙うことにします。

この頃には、空が雲に覆われて陽の光も届かなくなってきたので、オレンジの色をきれいに出すために、線路に接近してみました。

ちょうど線路下には青々とした草が生えていたし、花も咲いていたので、ここで撮影。

この後すぐに(空は灰色になり、なんとなく辺りも暗くなってきたので、潮どきだと引き上げることにしました。

そして、23時前に千葉線を走る最終の津田沼行きファイアーオレンジを撮影して、リバイバルカラー三兄弟の最後の3300形の撮影は全て終了しました。

最後の最後まで千葉線を走ってくれてありがとう。