京成PASMOヘッドマークとピンクの8000形とマリーンズ・マリーンズ

京成PASMOヘッドマークとピンクの8000形とマリーンズ・マリーンズ

度々利用するアマゾンで詐欺が横行しているという事。

アマゾンで何かを出品して売ろうとすると、確か手数料を差し引かれるので、それを考慮して値段を付けないと損をするはずです。

送料負担もあるし・・・でも、かなり前から1円出品というものはあって、どうやって利益確保しているのか不思議でした。

今は利益よりも個人情報ということですか。

顔が見えない相手からものを買うのはかなり勇気がいることですが、オークションなども同じで、新規などの評価がない相手からものを買うのは控えたほうが良いかも。

あとは、貴重で希少価値があるものは高額になるでしょうが、その場合、高額になるはずなのに定価や安価で出品されていると、かえって怪しく感じたりして・・・

ネットでモノを買うのは色々気を付けることが多いですね。

さてPASMOヘッドマーク付きは千葉モノレールでしか撮影していなかったので、京成車両のヘッドマーク付きが千葉線に来ると分かりあわてて撮影に。

3000形PASMOヘッドマーク

さほど待たずして京成3000形のPASMOヘッドマーク付きが来ました。

8000形

この後の下りが8000形だったので、そのまま待っていると、ノーマルカラーの8000形が通過。

8000形はやはりこのカラーが似合うと思いますけど。

もう一度ダイヤを調べると、この日はピンクの8000形も千葉線へ乗り入れているという事だったので、それを撮影するため移動します。

8800形マリーンズ号

ピンクの8000形の前に、移動中に千葉中央に入っていたマリーンズ号が松戸へと戻ります。

ピンクの8000形

京成車両をやり過ごすと、ピンクの8000形が来ました。

3000形がちはら台に向かうとすぐに松戸へ向かうため入線して来ます。

ピンクの8000形とPASMOヘッドマーク

ここで待っていたのはピンクの8000形と京成のPASMOヘッドマーク付きとのツーショットです。

これからも何度かこういう機会があるでしょうが、期間限定のPASMOヘッドマークなので、撮影できるときに撮影。

ヘッドマーク付きがちはら台へ方面に行ってしまうと、次は千葉モノレールへ。

千葉モノレール・ノモちゃん号

千葉駅から県庁前まで乗ってきたノモちゃん号が、県庁前から発車して行きました。

千葉モノレール・マリーンズ号

目的はマリーンズ号です。

ユニフォーム・ラッピングは逆行でイマイチですが、、まずは都川に映るマリーンズ号を撮影して、次の撮影地を探すことにしました。

ツツジとマリーンズ号

千葉駅方面へ戻るマリーンズ号は歩道近くに咲いていたツツジと。

そういえばもうツツジが満開の季節でしたっけ・・・・

マリーンズ号裏表

解体中のほてい家さんを見ながら、そのまま葭川公園方面へ。

色々試しましたが、結局定番撮影地に落ち着きました。

ここならラッピングが違う反対側も多少見えるかな???

ノモちゃん号裏表

同じ場所でじっと待って、ノモちゃん号も撮影。

撮影中は青空でよかったです。

これで撤収、県庁前まで戻り、千葉モノレールで帰宅しました。